教員情報

林 利哉
ハヤシ トシヤ
農学部 応用生物化学科
教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性
  • メールアドレス

    thayashimeijo-u.ac.jp
  • URL

  • プロフィール

    昭和63年3月 愛知県立熱田高等学校卒業
    平成4年3月  名城大学農学部農芸化学科卒業平成6年3月  名城大学大学院農学研究科修士課程(農学専攻)修了
    平成10年3月 九州大学大学院農学研究科博士後期課程(畜産学専攻)単位取得退学
    平成10年4月 九州大学農学部 助手
    平成12年4月 九州大学大学院農学研究院助手 配置換
    平成13年3月 学位取得 博士(農学)九州大学(農博甲第856号)
    平成13年4月 名城大学農学部 講師
    平成18年4月 名城大学農学部 助教授
    平成19年4月 名城大学農学部 准教授
      
              現在に至る

大学院その他

  • 農学研究科 農学専攻, 教授

学歴

  • 1992年03月, 名城大学, 農学部, 農芸化学科, 卒業
  • 1994年03月, 名城大学大学院, 農学研究科, (農学専攻)修士課程, 修了
  • 2001年03月, 九州大学大学院, 農学研究科, 畜産学専攻博士後期課程, 博士(農学)(九州大学・農博甲第856号), 修了

現在所属している学会

  • 日本食品科学工学会
  • 日本畜産学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本畜産学会
  • 日本食品科学工学会
  • 日本食品保蔵科学会
  • 環境管理技術研究会
  • 東海畜産学会

学会

  • 1993年12月, 日本食品科学工学会会員
  • 1994年01月, 日本畜産学会会員
  • 1996年04月, 日本農芸化学会会員
  • 1998年04月, 日本食肉研究会会員
  • 1998年04月, 2001年03月, 西日本畜産学会会員
  • 1998年04月, 1999年03月, 平成11年度日本農芸化学会大会実行委員
  • 1998年04月, 1999年03月, 平成11年度日本農芸化学会若手シンポジウム実行委員
  • 1998年04月, 2011年03月, 生物機能研究会会員
  • 2006年04月, 2012年03月, 日本畜産学会若手企画準備委員会委員
  • 2006年04月, 2008年03月, 日本農芸化学会代議員
  • 2007年03月, 2008年03月, 平成20年度日本農芸化学会大会実行委員
  • 2008年04月, 日本食品科学工学会中部支部評議委員
  • 2008年04月, 2009年09月, 日本食品科学工学会第56回大会実行委員
  • 2009年04月, 日本食肉研究会編集幹事
  • 2012年04月, 日本食品科学工学会中部支部運営委員

委員歴(学外)

  • 2006年04月, 2012年03月, 日本畜産学会若手企画準備委員会委員, 日本畜産学会
  • 2008年04月, 日本食品科学工学会中部支部評議員
  • 2008年04月, 2009年09月, 日本食品科学工学会第56回大会実行委員
  • 2009年04月, 日本食肉研究会編集幹事, 日本食肉研究会
  • 2012年04月, 日本食品科学工学会中部支部運営委員
  • 2013年01月, 環境管理技術研究会編集委員

研究活動

研究分野

  • その他, 食品機能学
  • その他, 畜産物利用学
  • 食品科学, 食品製造・加工・保存法
  • 畜産学・草地学, 畜産食品

教育研究への取り組み・抱負

    大学の最大の使命は社会へ出る準備の整った、次代を支える人材を育てることにあると考えます。特に、研究室配属後に送る研究室中心の生活は、その最後の"仕上げ"工程として極めて意義深いものと確信してます。当研究室では、研究室という小社会で研究生活を送る上で必要な共通の約束事(認識)のもと、学生一人一人が社会にでるために必要な"力"を養いながら目標達成できるような環境づくりを目指しています。また、農学部の教育理念にもある"実学"を重視し、「動物性蛋白質食品の加工と機能性に関する研究」を主軸とした卒業研究内容もさることながら、食品企業への工場見学、卒業生との懇談や地域貢献活動などの課外教育も重要視しています。 "ゆとり"を標榜する時代の趨勢からか、大学生から主体的に学ぶ姿勢が失われつつあるとされる昨今、人々の営みにおいて身近かつ重要な題材を科学することにより、少しでも"農学"に対する興味・関心を喚起し、主体的に学ぶ動機を見いだせるよう努めて参る所存です。  

著書

  • 生物機能の新展開 - 人類の生存をかけて-
    伊藤肇躬,林 利哉,アバス・フォトバティ,野嶽一将
    日本食品出版
    2000年06月
    共著
    pp.55-63
  • 食肉科学への道 - その過去から未来へ -
    林 利哉,伊藤肇躬
    自費出版ふくおか
    2000年08月
    共著
    pp. 91-101
  • 食品大百科事典
    伊藤肇躬,池内義秀,林 利哉
    朝倉書店
    2001年11月
    共著
    pp.459-462
  • -イラスト-食べ物と健康
    種村安子,和田政裕,岩間昌彦,小原章裕,河田哲典,工藤慶太,倉賀野妙子,桑守正範,中島久男,林 利哉,山澤和子,山澤正勝,山下達朗
    東京教学社
    2008年05月
    共著
    pp.170-174
  • ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発
    林 利哉,芳賀聖一
    技術情報協会
    2013年12月
    4861045142
    共著
    畜肉タンパク質のゲル物性と組織構造 -レトルト加熱ゲルを中心に-,pp. 413~417

学術論文

  • 低温乳酸発酵処理を施した筋原線維タンパク質の加熱ゲル形成に関する研究-特に物性変化について-
    共著
    林 利哉・長澤 麻央・小川 幸彦・芳賀 聖一
    名城大学総合研究所 紀要
    21, 81, 84
    2016年03月
  • レトルト加熱・乳酸発酵を施した筋原線維タンパク質モデル系におけるタンパク質分解と機能性発現に関する研究
    林 利哉・深見 渉・小川 幸彦・芳賀 聖一
    食肉に関する助成研究調査成果報告書(伊藤記念財団)
    33, 68, 72
    2015年
  • 低温乳酸発酵を施した食肉の機能性評価-特に血圧・血糖上昇抑制効果について-
    共著
    林 利哉・芳賀聖一
    名城大学総合研究所 紀要
    19, 13, 16
    2014年03月
  • Effect of fermentation with psychrotrophic lactic acid bacteria on the microstructure and physical properties of heat-induced myofibrillar protein gels
    共著
    T. Hayashi, S. Haga
    Jpn. J. Food Eng.
    14, pp. 177, 180
    2013年12月
  • 質量分析法による細菌の迅速同定を目的とした試料前処理法の基礎的検討
    共著
    林 利哉,村橋誉将,芳賀聖一
    環境管理技術
    31, 155, 160
    2013年08月
  • Evaluation of the functional properties of pork meat fermented with psychrotrophic lactic acid bacteria
    共著
    T. Hayashi, S. Washio, M. Arakawa, M. Taguchi, N. Toyoda, S. Haga
    Int. Cong. Meat Sci. and Technol
    57, 395:1, 4
    2011年08月
  • A new processing method to reduce sodium in sausages without potassium chloride and phosphates
    共著
    K. Aota, S. Ichinoseki, M. Numata, K. Kosai, Y. Miyaguchi, T. Hayashi, S. Haga
    Int. Cong. Meat Sci. Technol.
    57, P375: pp. 1, 4
    2011年08月
  • Retort processing may induce protein degradation and improve food functionalities of meat products
    共著
    T. Hayashi, N. Toyoda, M. Arakawa, S. Haga
    Int. Meat Sci. and Technol
    56, E60:1, 4
    2010年08月
  • 低温増殖性乳酸菌を接種した豚肉におけるタンパク質分解挙動
    共著
    芳賀聖一・林 利哉・大場正春・坂田亮一
    名城大学総合研究所 総合学術研究論文集
    8, 91, 96
    2010年03月
  • A development of concise amidation and esterification reactions using a medium fluorous Mukaiyama reagent
    共著
    Matsugi, M., Hayashi, T., Hasebe, S. and Kunda, Y.
    J. Res. Inst. Meijo Univ.
    8, 123, 128
    2009年03月
  • 直接加熱法と間接加熱法で殺菌したUHT牛乳における水溶性ビタミンとホエータンパク質の残存性の比較 -特に予備加熱の影響について-
    共著
    林 利哉・服部篤彦・加藤恵一・藤野槌美・芳賀聖一
    日本畜産学会報
    80, 1, 41, 45
    2009年02月
  • Direct perfluoroalkylation of non-activated aromatic C-H bonds of phenols
    共著
    Matsugi, M., Hasegawa, M., Hasebe, S., Takai, S., Suyama, R., Wakita, Y., Kudo, K., Imamura, H., Hayashi, T. and Haga, S
    Tetrahedron Lett.
    49, 26, 4189, 4191
    2008年07月
  • Angiotensin I-converting enzyme inhibitory peptide derived from porcine skeletal muscle myosin fermented by Lactobacillus lactis subsp.lactis IFO-12007
    共著
    T. Hayashi, K. Kato, and S. Haga
    J. Res. Inst. Meijo Univ
    7, 71, 80
    2008年03月
  • マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法による低温増殖性乳酸菌の迅速同定および分類
    共著
    寺本華奈江・佐藤浩昭・孫 麗偉・鳥村政基・田尾博明・和栗伸伍・林 利哉・芳賀聖一
    分析化学
    56, 12, 1063, 1070
    2007年12月
  • Beef extract supplementation increases leg muscle mass and modifies skeletal muscle fiber types in rats
    共著
    H. Yoshihara, J. Wakamatsu, F. Kawabata, S. Mori, A. Haruno, T. Hayashi, T. Sekiguchi, W. Mizunoya, R. Tatsumi, T. Ito and Y. Ikeuchi
    Journal of Nutritional Science and Vitaminology
    52, 183, 193
    2006年10月
  • レトルト加熱による天然アクトミオシンゲルの物性変化に関する研究
    共著
    藤田利宗,林 利哉,芳賀聖一
    日本食品科学工学会誌 
    53, 8, 423, 429
    2006年08月
  • S-Myotrophin promotes the hypertrophy of skeletal muscle of mice in vivo
    共著
    S. Shiraishi, Y.-N. Nakamura, H. Iwamoto, A. Haruno, Y. Sato, S. Mori, Y. Ikeuchi, J. Chikushi, T. Hayashi, M. Sato, R. G. Cassens and T. Ito
    International Journal of Biochemistry and Cell Biology
    38, 1114, 1122
    2006年07月
  • Lactobacillus fermentum IFO-3954を接種した豚骨格筋ミオシン由来のアンギオテンシンI変換酵素阻害ペプチド
    共著
    加藤久美子,林 利哉,芳賀聖一
    名城大学総合研究所 総合学術研究論文集
    4, 87, 95
    2005年03月
  • Rheological properties of emulsion -type sausage prepared from deer meat
    共著
    S.Mori, A. Haruno, T. Hayashi, S. Haga, S. Iida, R. Tatsumi, T. Ito, Y. Ikeuchi
    West Japan Journal of Animal Science
    47, 87, 91
    2004年07月
  • Chemical Cross-linking of Actin and Myosin Subfragment-1 in Rigor Complex
    共著
    K.J. Liaw, S. Mori, S. Hashimoto, M. Sugimitsu, T. Hayashi, M. Yamanoue, R. Tatsumi, Y. Ikeuchi, T. Ito
    Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University
    49, 111, 118
    2004年03月
  • A novel muscle cell growth factor, s-myotrophin, promotes the expression of fast myosin in myotubes developed from C2C12 cells
    共著
    T. Ogawa, T. Hayashi, K. Nodake, S. Shiraishi, S. Mori, R. Tatsumi, Y. Ikeuchi and T. Ito
    Int. Cong. Meat Sci. and Technol.
    48, 636, 637
    2002年08月
  • 食肉の色調に及ぼす乳酸菌接種の効果
    共著
    寺本華奈江,朱 政治,林 利哉,芳賀聖一
    New Food Industry
    44, 25, 32
    2002年04月
  • Pressure-induced denaturation of monomer β-lactoglobulin is partially irreversible: Comparison of monomer form (highly acidic pH) with dimer form (neutral pH)
    共著
    Y. Ikeuchi, K. Nakagawa, T. Endo, A. Suzuki, T. Hayashi, T. Ito
    Journal of Agricultural Food Chemistry
    49, 4052, 4059
    2001年08月
  • Monitoring myosin degradation during conditioning in chicken meat using an immunological method
    共著
    Y. Ikeuchi, K. Kamiyama, A. Suzuki, T. Hirose, K. Kim, T. Hayashi, T. Ito
    Journal of Food Science
    66, 1119, 1125
    2001年08月
  • An immunological assessment of myosin degradation in pressurized chicken muscle
    共著
    K. Kamiyama, Y. Ikeuchi, A. Suzuki, K. Kim, T. Hayashi and T. Ito
    Journal of Food Science
    66, 1126, 1129
    2001年08月
  • S-Myotrophin promotes the hypertrophy of myotube as Insulin-like growth factor - I does
    共著
    T. Hayashi, T. Ogawa, M. Sato, N. Tsuchida, A. Fotovati, H. Iwamoto, Y. Ikeuch, R.G. Cassens, Tatsumi Ito
    International Journal of Biochemistry and Cell Biology
    33, 831, 838
    2001年05月
  • Studies on the role of IGF-I and a novel muscle cell growth factor, s-myotrophin, in muscle hypertrophy(博士論文)
    単著
    九州大学
    2001年03月
  • Lipolytic effect of BRL35135, a β3 agonist, and its interaction with dietary lipids on the accumulation of fats in rat body
    共著
    A. Fotovati, T. Hayashi, T. Ito
    Journal of Nutritional Biochemistry
    12, 153, 161
    2001年02月
  • Effects of isoproterenol, a non-selective β-agonist, on lipid metabolism of rats: In vitro and in vivo study
    共著
    A. Fotovati, T. Hayashi, N. Tsuchida, T. Ito
    Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University
    45, 99, 108
    2000年11月
  • Comparative study on apparent digestibility, absorption and distribution of fatty acids in the rats fed diets containing either beef tallow or plant oils
    共著
    A. Fotovati, T. Hayashi, K. Johno, T. Ito
    Asian-Australian Journal of Animal Science
    13, 166, 169
    2000年07月
  • Purification of a novel muscle cell growth factor s-myotrophin from porcine skeletal muscle
    共著
    T. Hayashi, K. Takeshita, N. Tsuchida, K.Kitano, S. Kawabata, S. Iwanaga, T. Ito
    International Journal of Biochemistry and Cell Biology
    30, 897, 908
    1998年03月
  • Lipids easy to accumulate in the liver and lipids hard to accumulate in it
    共著
    S. Kawahara, K.Inoue, T. Hayashi, Y. Masuda, T. Ito
    Nutrition Research
    17, 1013, 1023
    1997年06月
  • 筋原線維蛋白質と大豆蛋白質の加熱による動的粘弾性挙動
    共著
    林 利哉, 芳賀聖一, 高橋朋子
    日本食品科学工学会誌
    42, 307, 315
    1995年05月

講演・口頭発表等

  • Changes in heat-induced gel structure and physical properties of myofibrillar protein fermented with lactic acid bacteria
    共著
    Hayashi T. and Haga S.
    59th International Congress of Meat Science and Technology
    2013年08月
  • 筋原線維タンパク質にレトルト加熱を施した場合の機能性発現について
    浅井 沙也佳・長澤 麻央・芳賀 聖一・林 利哉
    日本食品科学工学会中部支部大会
    2015年12月02日
  • 乳製品を用いたストレス誘導性の脳機能障害の予防を目指して
    丸井 萌子・長澤 麻央・林 利哉
    日本畜産学会第122回大会
    2017年03月28日
  • 筋肉から食肉へ-その構造と食感-
    林利哉
    2017年11月25日
    日本伝統食品研究会

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2003年08月, 市民講座「テーマ:つくって学ぼう食の科学」の講師を務める
  • 2004年12月, 名城大学総合研究所 公開講座「第8回 研究成果発表会」の講師を務める
  • 2006年10月, 東海バイオものづくり創生プロジェクト講演会(食品分科会)の講師を務める
  • 2007年12月, 日本農芸化学会中部支部 若手シンポジウムの講師を務める
  • 2009年07月, あいち健康長寿産業クラスター形成事業 「健康・機能性食品分野」研究発表会講師を務める
  • 2009年08月, 「春日井市と名城大学農学部の連携プログラム」食の安全・安心 講師
  • 2009年09月, 名城大学Day知の発信「つくって学ぼう食の科学」で講師を務める(芳賀教授と共担)
  • 2010年03月, 出前講義 愛知啓成高等学校
  • 2010年08月, 「春日井市と名城大学農学部の連携プログラム」 食の安全・安心 講師 
  • 2010年09月, 名城大学農学部創立60周年記念講演会(公開講座) 講師
  • 2011年01月, 出前講義 愛知県立鶴城丘高等学校
  • 2012年09月, 名城大学附属高等学校 スーパーサイエンスⅡ 講師
  • 2013年01月, 出前講義 岐阜県立羽島高等学校
  • 2013年10月, 出前講義 愛知県立春日井南高等学校
  • 2013年10月, 高校生のためのあいちの大学「学び」フォーラム 講師(於 愛知東邦大学)
  • 2014年12月, 名城大学附属高等学校 SSⅡ
  • 2015年11月, 愛知県立天白高等学校
  • 2015年05月, 名城大学附属高校 学科紹介
  • 2015年07月, 知立市生涯学習講座「女性学級」
  • 2014年11月, 食連協 意見交換会
  • 2016年09月, 一宮市宮西公民会出前講義
  • 2017年01月, 刈谷市・名城大学連携講座①
  • 2017年01月, 刈谷市・名城大学連携講座②
  • 2018年09月, くわな市民講座①
  • 2017年09月, くわな市民講座②
  • 2017年09月, くわな市民講座②
  • 2017年02月, 名城尾北会 第23回セミナー
  • 2017年10月, 愛知学院大学 歯科理工学懇話会

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2001年04月, 2002年03月, 株式会社ミツカン:レトルト耐性具材の技術開発支援
  • 2003年04月, 2007年03月, 名古屋製酪株式会社:加熱条件の異なる牛乳・乳製品の品質評価についての研究支援
  • 2005年04月, 2007年03月, 東亞合成株式会社:ポリリン酸カリウム塩の高度利用に関する技術支援
  • 2006年04月, (独)産業技術総合研究所:有用微生物の簡易同定法開発支援
  • 2007年04月, 株式会社フジ環境サービス:食品衛生害虫の微生物分布の解析支援
  • 2009年04月, 伊藤ハム株式会社中央研究所:凍結食肉の品質改善に関する研究支援
  • 2010年04月, 日本電子株式会社(JEOL):微生物の迅速同定と形態観察に関する研究支援
  • 2012年02月, ドイツ農業協会:DLG食肉製品品質コンテスト ゲスト審査員
  • 2012年10月, 明宝特産物加工株式会社:食感改良型プレスハムの開発支援
  • 2012年11月, 2012年11月, 第26回 PCO微生物制御研究会講演会 講師
  • 2016年10月, 2016年10月, DLG(ドイツ農業協会)国際ハムソーセージコンテスト(審査)
  • 2016年04月, 東海地域生物系先端技術研究会(企画運営委員会)


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.