礒井 俊行 イソイ トシユキ

■所属
農学部 生物環境科学科
■職名
教授
■性別
男性

基本情報

大学院その他

  • 農学研究科 農学専攻 教授

学歴

  • 1989/03 名古屋大学大学院 農学研究科 博士課程後期課程 修了
  • 1989/03-  農学博士

現在所属している学会

  • 日本土壌肥料学会
  • 日本土壌微生物学会
  • 日本有機農業学会

研究活動

研究分野

  • 土壌肥料学

教育研究への取り組み・抱負

  • 人類は自然環境に働きかけその物質循環性の中で調和を保ちながら農業を営み食料を生産してきましたが、近年の化学資材の多投などでその循環性を乱し周辺環境への負荷を高めています。こういった問題を「物質循環論」や「肥料学」などの講義を通して学生と考え、また、土壌中に元来存在する養分元素や施用された化学資材、およびそれらに関わる土壌微生物の挙動を対象とした研究を行うことでこれらの問題解決につなげたいと念じています。

著書

  • タイトル : Current development in soybean-Rhizobium symbiotic nitrogen fixation.
    著者 : T.Isoi
    出版社 : Heilongjiang Science & Technology Publishing House
    出版年月 : 1993年04月
    担当区分 : 共著
    担当範囲 : P73-82

学術論文

  • タイトル : Competitive PCR法による土壌中根粒菌密度の測定(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : 尾﨑孔明・礒井俊行
    誌名 : 日本土壌肥料学雑誌
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 8144 - 47
    出版年月 : 2010年02月
  • タイトル : Comparison of arbuscular mycorrhizal fungal flora under different cropping systems in a Light-colored Andsol of Japan.(査読付き論文)
    担当区分 : 単著
    著者 : T.Isoi
    誌名 : 土と微生物
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 5061 - 64
    出版年月 : 1997年10月
  • タイトル : Low nitrogen fixation of common bean (Phaseolus vulgaris L.)(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : T.Isoi and S.Yoshida
    誌名 : Soil Science and Plant Nutrition
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 37559 - 563
    出版年月 : 1991年09月

その他の研究業績

  • タイトル : ブータン・ヒマラヤ域の地域特性の把握と環境保全型農業に関するフィールド調査 
    担当区分 : 共著
    著者 : 礒井俊行・田中樹
    誌名 : 名城大学アジア研究所年次報告書2007年度
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [36]-[39]
    出版年月 : 2008年12月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2006年01月 クラーク記念国際高等学校において,「テーマ: 私たちをとりまく環境問題」の講師を務める.
  • 2007年07月 豊田市自然観察の森「土壌観察会」の講師を務める.
  • 2008年07月 豊田市自然観察の森「土壌観察会」の講師を務める.
  • 2009年07月 豊田市自然観察の森「土壌観察会」の講師を務める.
  • 2010年07月 豊田市自然観察の森「土壌観察会」の講師を務める.
  • 2011年07月 豊田市自然観察の森「土壌観察会」の講師を務める.
  • 2012年07月 豊田市自然観察の森「土壌観察会」の講師を務める.


ページのTOPへ