教員情報

津呂 正人
ツロ マサト
農学部 生物資源学科
教授
Last Updated :2019/02/21

基本情報

プロフィール

    男性
  • メールアドレス

    tsuromeijo-u.ac.jp

大学院その他

  • 農学研究科 農学専攻, 教授

学歴

  • 2000年03月, 京都府立大学大学院, 農学研究科, 農学専攻博士課程, 修了

職歴

  • 2000年04月, 2002年12月, 京都府農業資源研究センター
  • 2003年01月, 2005年03月, 日本学術振興会 特別研究員, 特別研究員
  • 2005年04月, 2007年03月, 名城大学, 農学部生物資源学科, 講師
  • 2009年04月, 名城大学, 農学部生物資源学科, 准教授
  • 2015年04月, 名城大学 農学部 生物資源学科, 教授

現在所属している学会

  • 日本育種学会
  • 日本園芸学会
  • 日本生物環境工学会
  • 園芸学会
  • 人間・植物関係学会
  • 国際園芸学会
  • 日本味と匂学会

学会

  • 1993年10月, 日本育種学会 会員
  • 2001年01月, 園芸学会 会員
  • 2002年01月, 日本生物環境調節学会 会員
  • 2009年04月, 人間・植物関係学会 会員
  • 2009年08月, 国際園芸学会 会員
  • 2017年04月, 日本味と匂学会

委員歴(学外)

  • 2013年03月27日, 2015年03月31日, 犬山農商工連携推進研究会 アドバイザー
  • 2013年04月01日, 園芸学会東海支部 評議員・会計幹事

研究活動

研究分野

  • 園芸学・造園学, 園芸食品
  • 育種学, 作物育種

教育研究への取り組み・抱負

    ・板書を多用し、「書く授業」を大切にしている。・新知見を積極的に採用し、より新たな知見の探究をスピード感をもって対応できるように研究に取り組んでいる。
    ・レポート採点の際、ポートフォリオ評価を導入し、自身の弱点を早い段階から気づかせるように取り組んでいる。
    ・農業生産工程管理(GAP: Good Agricultural Practice)を新しい専門分野として取り入れ,グループワークを主体としたアクティブラーニングを導入する.

学術論文

  • ラベンダーにおけるSSRマーカーの開発と連鎖地図の作成.
    共著
    南山泰宏・多和田美咲・山田明音・津呂正人
    名城大学農学部 学術報告
    52, 11, 16
    2016年04月
  • Improving the Chrysanthemum stunt viroid (CSVd) resistance of chrysanthemum.
    Hiromi Takino, Misako Furuya, Sumiko Yamamoto, Atsuko Sakuma, Masato Tsuro, Tatsuya Yanagimoto, Yoshikazu Tanaka and Masanobu Mino
    Journal of Crop Research 60: 13-17.
    60, 13, 17
    2015年04月
  • In vitro evaluation of small RNA accumulation in chrysanthemum mediated by chrysanthemum stunt viroid.(査読付き論文)
    共著
    津呂正人、佐久間敦子,三野真布
    Environmental Control in Biology
    51, 95, 98
    2013年06月
  • Changes in morphological phenotypes and essential oil components in lavandin (Lavandula X intermedia Emeric Ex Loisel.) transformed with wild-type Agrobacterium rhizogenes
    共著
    津呂正人,池戸宏行
    Scientia Horticulturae
    130, 647, 652
    2011年09月
  • Development of genomic and EST-SSR markers in radish (Raphanus sativus L.).(査読付き論文)
    共著
    中辻諒一,橋田友子,松本直子,津呂正人,久保中央,平井正志
    Breeding Science
    61, 413, 419
    2011年04月
  • QTL mapping of clubroot resistance in radish (Raphanus sativus L.). Theoretical and Applied Genetics (in press)
    共著
    亀井章人,津呂正人,久保中央,林 健,Ning Wang,藤村達人,平井正志
    Theoretical and Applied Genetics
    120, 1021, 1027
    2010年12月
  • Efficient genetic transformation in lavandin using Agrobacterium rhizogenes as vector
    共著
    津呂正人,池戸宏行,加藤宏恵
    Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
    78, 2, 236, 241
    2009年09月
  • Mapping of QTLs controlling root shape and red pigmentation in radish, Raphanus sativus L.
    共著
    津呂正人,諏訪部圭太,久保中央,松本 哲,平井正志
    Breeding Science
    58, 1, 55, 61
    2008年03月
  • 日本産トウガラシにおける青枯病抵抗性に関するQTL解析
    共著
    津呂正人,南山泰宏,平井正志
    育種学研究
    9, 印刷中
    2007年09月
  • QTL analysis for resistance to Phytophthora capsici in pepper using a high density SSR linkage map.
    共著
    南山泰宏,津呂正人,久保 崇,平井正志
    Breeding Science
    57, 129, 134
    2007年06月
  • Morphological and physiological changes in transgenic Chrysanthemum morifolium Ramat. ‘Ogura-nishiki’ with rol-C
    共著
    久保 崇,津呂正人,月森敦之,静川幸明,竹本哲行,稲葉幸司
    Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
    75, 312, 317
    2006年08月
  • Agrobacterium rhizogenes is a useful transporter for introducing T-DNA of the binary plasmid into the chrysanthemun, Dendranthema grandiflorum (Ramat.) Kitamura, genome
    共著
    久保 崇,津呂正人,静川幸明,竹本哲行,稲葉幸司
    Plant Cell, Tissue and Organ Culture
    81, 175, 181
    2005年05月
  • ラバンジン葉カルス由来再分化個体における精油成分の変異
    共著
    津呂正人,中村祥子,三浦慎一郎,清水千枝,柏倉 真,井上雅好
    園芸学会雑誌
    73, 3, 272, 279
    2004年06月
  • Variation in essential oil components in regenerated lavender (Lavandula vera DC) plants.(査読付き論文)
    共著
    88, 309, 317
    2001年
  • Efficient plant regeneration from multiple shoots formed in leaf-derived callus of Lavandula vera, using the 'open culture system'.(査読付き論文)
    共著
    86, 81, 88
    2000年
  • Comparative effect of different types of cytokinin for shoot formation and plant regeneration in leaf-derived callus of lavender (Lavandula vera DC).(査読付き論文)
    共著
    81, 331, 336
    1999年

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2008年04月, 出前講義 講師(名城大学附属高等学校)
  • 2009年03月, COP10キャラバンセミナー 講師(豊明市民会館)
  • 2009年12月, 出前講義 講師(三重県立四日市西高等学校)
  • 2010年10月, 出前講義 講師(愛知県立岩倉総合高等学校)
  • 2011年03月, 出前講義 講師(愛知県立小坂井高等学校)
  • 2011年11月, 出前講義 講師(愛知県立岩倉総合高等学校)
  • 2018年02月, 東海農政局での講演

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2005年04月, 2006年03月, 名城大学外国人招聘研究員受け入れ


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.