教員情報

日比野 隆
ヒビノ タカシ
理工学部 教養教育
教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 総合学術研究科 総合学術専攻, 教授

学歴

  • 1989年03月, 名城大学大学院, 薬学研究科, 修士課程, 修了
  • 1995年06月,  

現在所属している学会

  • 日本生物物理学会
  • 日本生物物理学会

研究活動

研究分野

  • 分子生物学, 分子生物学
  • 植物分子生物・生理学, 植物生理学

教育研究への取り組み・抱負

    化学における基本的な事項を正しく理解し、その視点に基づいて物質の性質やその変化をより深く理解できるように独自のプリントを作成し、理解しやすい講義をするように心がけている。

著書

  • Abiotic stress tolerance in plants
    Springer出版社
    2006年04月
    共著
    pp.137-151

学術論文

  • Metabolic engineering for betaine accumulation in microbes and plants.
    共著
    Waditee R, Bhuiyan MN, Hirata E, Hibino T, Tanaka Y Shikata M and Takabe T.
    J. Biol. Chem.
    282, 34185, 34193
    2007年11月
  • Co-expression of cytosolic-DnaK and chloroplastic-fibrillin from halotolerant organisms increased salt tolerance of tobacco plants.
    共著
    Hibino T, Fujita M, Shimada T, Kajita H, Uchida A, Yamane K, Mitsuya S, Takabe Tet and Takabe Ter.
    Journal of Research Institute of Meijo University
    6, 105, 114
    2007年03月
  • Halotolerant cyanobacterium Aphanothece halophytica contains a betaine transporter active at alkaline pH and high salinity
    共著
    Laloknam S, Tanaka K, Buaboocha T, Waditee R, Incharoensakdi A, Hibino T, Tanaka Y and Takabe T.
    Appl. Environ. Microbiol.
    72, 6018, 6026
    2006年09月
  • Carboxyl-terminal hydrophilic tail of a NhaP type Na+/H+ antiporter from cyanobacteria is involved in the apparent affinity for Na+ and pH sensitivity
    共著
    Waditee R, Buaboocha T, Kato M, Hibino T, Suzuki S, Nakamura T and Takabe T.
    Arch Biochem Biophys.
    450, 113, 121
    2006年06月


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.