教員情報

加藤 美紀
カトウ ミキ
薬学部 薬学科
准教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    女性

大学院その他

  • 薬学研究科 薬学専攻, 准教授

学歴

  • 金沢大学大学院, 自然科学研究科, 医療薬学専攻, 修了
  • 2004年03月, 金沢大学

現在所属している学会

  • 日本薬学会
  • 日本薬物動態学会
  • 国際薬物動態学会(International Society for the Study of Xenobiotics)
  • 日本癌学会
  • 日本毒性学会

学会

  • 1999年02月, 日本薬学会会員
  • 1999年05月, 日本薬物動態学会会員
  • 2002年03月, 国際薬物動態学会(International Society for the Study of Xenobiotics)
  • 2003年05月, 日本癌学会会員
  • 2006年, 2006年, 日本薬物動態学会若手研究者シンポジウム第1回組織委員
  • 2008年, 2008年, 日本薬物動態学会若手研究者シンポジウム第2回組織委員
  • 2012年02月, 日本毒性学会会員
  • 2014年04月, 食品安全委員会農薬専門調査会専門委員

研究活動

研究分野

  • その他, 薬物動態学
  • その他, 毒性学

教育研究への取り組み・抱負

    薬物動態学は薬学でのみ存在する講義科目であり、かつ、薬剤師の職務の専門性に関わる学問であるため、臨床上の問題例やその解決に必要な知識とその方法論、これからの臨床薬剤師に必要な知識・技能を持たなければならない責任について教授できるように努めている。さらに、臨床で起こりうる薬物相互作用について、薬物動態学的見地からメカニズムの解明を試み、薬物治療に貢献できる研究を目指す。

著書

  • Applied 臨床薬物動態学
    京都廣川書店
    2013年06月
    共著
    203-216

学術論文

  • Effect of adrenalectomy on expression and induction of UDP-glucuronosyltransferase 1A6 and 1A7 in rats.(査読付き論文)
    共著
    Yukiko Sakakibara, Miki Katoh, Masaya Suzuki, Ryoko Kawabe, Keisuke Iwase, Masayuki Nadai.
    Biological and Pharmaceutical Bulletin
    37, 4, 618, 624
    2014年04月
  • Preparation of dealcholized onetaxotere®, docetaxel injection formulation and its pharmacokinetics in rats.(査読付き論文)
    共著
    Kastuhiro Onishi, Ikuto Tsukiyama, Miki Katoh, Jun Ueyama, Fumie Abe, Hiroko Saito, Katsuhiko Matsuura, Takaaki Hasegawa, Masayuki Nadai.
    Gan To Kagaku Ryoho
    40, 7, 891, 896
    2013年07月
  • Changes in pharmacokinetics in elderly patients.
    共著
    Masayuki Nadai, Miki Katoh.
    Nihon Rinsho
    171, 6, 999, 1003
    2013年06月
  • A simple liquid chromatography-tandem mass spectrometry method for determination of plasma fentanyl concentration in rats and patients with cancer pain.(査読付き論文)
    共著
    Tatsuya Hisada, Miki Katoh, Kotaro Hitoshi, Yuya Kondo, Miho Fujioka, Yukio Toyama, Hideaki Ieda, Saori Gocho, Masayuki Nadai.
    Biological and Pharmaceutical Bulletin
    36, 3, 412, 416
    2013年03月
  • Effect of tacrolimus on the pharmacokinetics and glucuronidation of SN-38, an active metabolite of irinotecan.(査読付き論文)
    共著
    Yoshiteru Tanaka, Miki Katoh, Miho Fujioka, Katsuhiro Onishi, Yukiko Sakakibara, Takaaki Hasegawa, Masayuki Nadai.
    Yakugaku Zasshi
    133, 4, 463, 471
    2013年03月
  • Single-walled carbon nanotubes downregulate stress-responsive genes in human respiratory tract cells.(査読付き論文)
    共著
    Kotaro Hitoshi, Miki Katoh, Tomoko Suzuki, Yoshinori Ando, and Masayuki Nadai.
    Biological and Pharmaceutical Bulletin
    35, 4, 455, 463
    2012年04月
  • Changes in expression of drug-metabolizing enzymes by single-walled carbon nanotubes in human respiratory tract cells. (査読付き論文)
    共著
    Kotaro Hitoshi, Miki Katoh, Tomoko Suzuki, Yoshinori Ando, and Masayuki Nadai.
    Drug Metabolism and Disposition,
    40, 3, 579, 587
    2012年03月
  • Mechanism of drug interaction between a Kampo medicine, byakkokaninjinto, and tetracycline in rats.(査読付き論文)
    共著
    Kotaro Hitoshi, Miki Katoh, Yoshiteru Tanaka, Shunsuke Kurono, Kazuo Hotta, Hiroko Saito, Takaaki Hasegawa, and Masayuki Nadai.
    Journal of infection and chemotherapy
    18, 1, 75, 82
    2012年02月
  • Differential effects of single-walled carbon nanotubes on cell viability of human lung and pharynx carcinoma cell lines.(査読付き論文)
    共著
    Kotaro Hitoshi, Miki Katoh, Tomoko Suzuki, Yoshinori Ando, and Masayuki Nadai.
    The Journal of toxicological sciences
    36, 3, 379, 387
    2011年06月
  • Endotoxin does not alter the pharmacokinetics of micafungin, but it impairs biliary excretion of micafungin via multidrug resistance-associated protein 2 (ABCC2/Mrp2) in rats.(査読付き論文)
    共著
    Takayuki Noda, Fumie Abe, Jun Ueyama, Miki Kato, Miki Katoh, Masayuki Nadai, Hiroko Saito, and Takaaki Hasegawa.
    Journal of infection and chemotherapy
    17, 2, 207, 213
    2011年04月
  • Involvement of sulfate conjugation and multidrug resistance-associated protein 2 (Mrp2) in sex-related differences in the pharmacokinetics of garenoxacin in rats. (査読付き論文)
    共著
    Tamon Hayashi, Fumie Abe, Miki Kato, Hiroko Saito, Jun Ueyama, Yuya Kondo, Kuniyuki Imai, Miki Katoh, Masayuki Nadai, and Takaaki Hasegawa.
    Journal of infection and chemotherapy
    17, 1, 24, 29
    2011年02月
  • Inhibitory effects of Kampo medicine on human UGT2B7 activity. (査読付き論文)
    共著
    Nao Nakagawa, Miki Katoh, Yuko Yoshioka, Miki Nakajima, Tsuyoshi Yokoi.
    Drug Metabolism and Pharmacokinetics,
    24, 6, 490, 499
    2009年12月
  • Effects of Japanese Herbal Medicine, Kampo, on Human UGT1A1 Activity. (査読付き論文)
    共著
    Miki Katoh, Yuko Yoshioka, Nao Nakagawa, and Tsuyoshi Yokoi.
    Drug Metabolism and Pharmacokinetics,
    24, 3, 226, 234
    2009年07月
  • Effect of a Kampo preparation, byakkokaninjinto, on pharmacokinetics of ciprofloxacin and tetracycline.(査読付き論文)
    共著
    Masafumi Ohnishi, Kotaro Hitoshi, Miki Katoh, Masayuki Nadai, Fumie Abe, Shunsuke Kurono, Hiroko Saito, Masayuki Haniuda, and Takaaki Hasegawa.
    Biological and Pharmaceutical Bulletin
    32, 6, 1080, 1084
    2009年06月
  • Different inhibitory effects in rat and human carboxylesterases. (査読付き論文)
    共著
    Shiori Takahashi, Miki Katoh, Takashi Saitoh, Miki Nakajima, and Tsuyoshi Yokoi.
    Drug Metabolism and Disposition,
    37, 5, 956, 961
    2009年05月
  • Metabolic activation of benzodiazepines by CYP3A4.(査読付き論文)
    共著
    Katsuhiko Mizuno, Miki Katoh, Hirotoshi Okumura, Nao Nakagawa, Toru Negishi, Takanori Hashizume, Miki Nakajima, Tsuyoshi Yokoi.
    Drug Metabolism and Disposition
    37, 2, 345, 351
    2009年02月

講演・口頭発表等

  • 単層カーボンナノチューブがヒト由来細胞株に及ぼす影響の差異
    共著
    等浩太郎、加藤美紀、平光彩乃、安藤義則、灘井雅行
    日本薬学会第130年会
    2010年03月
  • ラット脳内におけるUDP-グルクロン酸転移酵素1Aサブファミリーの酵素学的検討
    共著
    今井邦行、加藤美紀、近藤裕也、灘井雅行
    日本薬学会第130年会
    2010年03月
  • Effect of Single-walled Carbon Nanotubes on Drug-Metabolizing Enzymes in Normal Human Bronchial Epithelial Cells.
    共著
    Kotaro Hitoshi, Miki Katoh, Tomoko Suzuki, Yoshinori Ando and Masayuki Nadai
    日本薬物動態学会第25回年会
    2010年10月
  • バルプロ酸とカルバペネム系抗生物質の相互作用の機序の検討
    共著
    田中義輝、加藤美紀、灘井雅行
    第57回日本薬学会東海支部総会大会
    2011年07月
  • ラット肝薬物代謝酵素の発現に及ぼす単層カーボンナノチューブの影響
    共著
    北川加寿子、加藤美紀、等浩太郎、灘井雅行
    第57回日本薬学会東海支部総会大会
    2011年07月
  • 新規合成水溶性蛍光Single-walled Carbon Nanotubeのマウスにおける体内動態特性の検討
    共著
    高岡龍蔵、松本紘典、加藤美紀、鈴木智子、安藤義則、春名光昌、灘井雅行
    日本薬学会第132年会
    2012年03月
  • 単層カーボンナノチューブがヒト肺チトクロムP450に及ぼす影響とそのメカニズムの解明
    共著
    等浩太郎、加藤美紀、鈴木智子、安藤義則、灘井雅行
    日本薬学会第132年会
    2012年03月
  • フェノバルビタールによるラット脳内UDP-グルクロン酸転移酵素1aサブファミリーの誘導に関する研究
    共著
    榊原有季子、加藤美紀、近藤裕也、灘井雅行
    日本薬学会第132年会
    2012年03月
  • 副腎切除がUgt1a6およびUgt1a7の発現と誘導に及ぼす影響
    共著
    榊原有季子、加藤美紀、鈴木雅也、川邊諒子、岩瀬圭佑、灘井雅行
    日本薬学会第133年会
    2013年03月
  • β-ナフトフラボンによるラット脳内シトクロムP450の発現誘導
    共著
    榊原有季子、加藤美紀、近藤裕也、灘井雅行
    第59回日本薬学会東海支部総会・大会
    2013年07月
  • Onetaxotere®の脱アルコール化院内製剤の調製とラットにおける体内動態の検討
    共著
    大西克浩、築山郁人、加藤美紀、斉藤寛子、松浦克彦、長谷川高明、灘井雅行
    第59回日本薬学会東海支部総会・大会
    2013年07月
  • カルバマゼピンがラット脳内UDP-グルクロン酸転移酵素1aの発現に及ぼす影響
    共著
    朝居祐貴、加藤美紀、榊原有季子、灘井雅行
    第59回日本薬学会東海支部総会・大会
    2013年07月
  • 単層カーボンナノチューブが肝シトクロムP450の発現に及ぼす影響
    共著
    桒原悠里、加藤美紀、加藤千晶、北川加寿子、等浩太郎、鈴木智子、安藤義則、灘井雅行
    第59回日本薬学会東海支部総会・大会
    2013年07月
  • 単層カーボンナノチューブが細胞生存および細胞接着分子に及ぼす影響
    共著
    加藤美紀、中村真依子、大池恵生、西原早紀、等浩太郎、鈴木智子、安藤義則、灘井雅行
    第59回日本薬学会東海支部総会・大会
    2013年07月
  • 単層カーボンナノチューブがヒト肝シトクロムP450活性に与える影響
    共著
    榊原有季子、加藤美紀、井上理香子、井上梨菜、灘井雅行
    第60回日本薬学会東海支部総会・大会
    2014年07月

その他の研究業績

  • 国内学会発表)各種アムロジン製剤からの溶出挙動に関する検討(1)
    共著
    笠井翼、下山哲哉、吉田和幸、平野剛、井関健、加藤美紀、灘井雅行
    日本薬学会第129回年会(於京都)
    2009年03月
  • 国内学会発表)副腎切除ラットにおける肝薬物代謝酵素活性とテオフィリンの体内動態の変化
    共著
    富田裕作、今井邦行、加藤美紀、長谷川高明、灘井雅行
    日本薬学会第129回年会(於京都)
    2009年03月
  • 国内学会発表)ラットにおけるテトラサイクリンの吸収挙動に及ぼす白虎加人参湯併用投与の影響とその機序の考察
    共著
    等浩太郎、大西正文、加藤美紀、灘井雅行、斉藤寛子、長谷川高明
    日本薬学会第129回年会(於京都)
    2009年03月
  • (国際学会発表) Differential Effects of Single-walled Carbon Nanotubes on Human Carcinoma Cell Lines.
    共著
    Kotaro Hitoshi, Miki Katoh, Ayano Hiramitsu, Yoshinori Ando and Masayuki Nadai
    Society of Toxicology 49th Annual Meeting(Salt Lake City, USA)
    2010年03月
  • (国際学会発表) Gene Profiling of Drug-metabolizing Enzymes in Normal Human Bronchial Epithelial Cells Exposed to Single-walled Carbon Nanotubes.
    共著
    Kotaro Hitoshi, Miki Katoh, Tomoko Suzuki, Yoshinori Ando and Masayuki Nadai
    9th International ISSX Meeting(Istanbul, Turkey)
    2010年09月
  • (国際学会発表) Regional and Sex Differences in Expression of Ugt1a Subfamily in Rat Brain.
    共著
    Miki Katoh, Kuniyuki Imai, Yuya Kondo and Masayuki Nadai
    9th International ISSX Meeting(Istanbul, Turkey)
    2010年09月
  • (国際学会発表) Differential Effects of Single-walled Carbon Nanotubes on Human Hepatic, Renal, and Colorectal Carcinoma Cell Lines.
    共著
    Kotaro Hitoshi, Miki Katoh, Tomoko Suzuki, Yoshinori Ando and Masayuki Nadai
    Society of Toxicology 50th Annual Meeting (Washington DC, USA)
    2011年03月
  • (国際学会発表) Ontogeny of Dextromethorphan N-Demethylation in Children Aged 1 to 5 Years.
    共著
    Miki Katoh, Robin E Pearce, Roger Gaedigk, Andrea Gaedigk and J Steven Leeder
    Experimental Biology 2011 (Washington DC, USA)
    2011年04月
  • (国際学会発表) Down-regulation of Human Cytochrome P450 1A1 and 1B1 by Single-walled Carbon Nanotube.
    共著
    Miki Katoh, Kotaro Hitoshi, Tomoko Suzuki, Yoshinori Ando and Masayuki Nadai
    19th Microsomes and Drug Oxidations (MDO) and 12th European International Society for the Study of Xenobiotics (ISSX) meeting (Noordwijk aan Zee, Netherlands)
    2012年06月
  • (国際学会発表)Effects of Phenobarbital Treatment on UDP-glucuronosyltransferase 1A Subfamily in Rat Brain.
    共著
    Yukiko Sakakibara, Miki Katoh, Yuya Kondo and Masayuki Nadai
    19th Microsomes and Drug Oxidations (MDO) and 12th European International Society for the Study of Xenobiotics (ISSX) meeting (Noordwijk aan Zee, Netherlands)
    2012年06月
  • (国際学会発表) Effects of Single-walled Carbon Nanotubes on Stress-responsive Genes Expressed in Various Human Respiratory Tract Cells.
    共著
    Miki Katoh, Kotaro Hitoshi, Tomoko Suzuki, Yoshinori Ando and Masayuki Nadai
    6th International Congress of Asian Society of Toxicology (ASIATOX-VI) (Sendai, Japan)
    2012年07月
  • (国内学会発表)ラットにおけるテトラサイクリンの吸収に影響を及ぼす白虎加人参湯中の成分の解明
    共著
    等 浩太郎、加藤美紀、能勢充彦、長谷川高明、灘井雅行
    日本薬剤学会第24年会(於静岡)
    2009年05月
  • (国内学会発表) Expression of Udp- GlucuronosylTransferase 1A subfamily in rat brain.
    共著
    Kuniyuki Imai, Miki Katoh, Yuya Kondo and Masayuki Nadai
    日本薬物動態学会第24回年会(於京都)
    2009年11月
  • (国内学会発表)単層カーボンナノチューブによるヒト呼吸器系細胞のストレス関連遺伝子に及ぼす影響
    共著
    等浩太郎、加藤美紀、鈴木智子、安藤義則、灘井雅行
    第37回日本トキシコロジー学会学術年会(於沖縄)
    2010年06月
  • (国内学会発表)体内動態の可視化を目的とした蛍光カーボンナノチューブの合成
    共著
    石川恵里華、等浩太郎、松本紘典、加藤美紀、鈴木智子、安藤義則、春名光昌、灘井雅行
    日本薬学会第131年会(於静岡)
    2011年03月
  • (国内学会発表)ラット脳内Ugt1a6およびUgt1a7の誘導に関する検討
    共著
    近藤裕也、加藤美紀、今井邦行、灘井雅行
    日本薬学会第131年会(於静岡)
    2011年03月
  • (国内学会発表)単層カーボンナノチューブが肝臓、腎臓および大腸由来細胞に及ぼす影響
    共著
    等浩太郎、加藤美紀、鈴木智子、安藤義則、灘井雅行
    日本薬学会第131年会(於静岡)
    2011年03月
  • (国内学会発表)Effect of Single-walled Carbon Nanotubes on Hepatic Drug-metabolizing Enzymes in Rats.
    共著
    Kotaro Hitoshi, Miki Katoh, Kazuko Kitagawa, Yoshinori Ando and Masayuki Nadai
    日本薬物動態学会第26回年会(於広島)
    2011年11月
  • (国内学会発表) Ontogeny of Dextromethorphan N-Demethylation in Preschool-aged Children.
    共著
    Miki Katoh, Robin E Pearce, Roger Gaedigk, Andrea Gaedigk and J Steven Leeder
    日本薬物動態学会第26回年会(於広島)
    2011年11月
  • (国内学会発表)酸化状態の異なる水溶性蛍光Single-walled Carbon Nanotubeのラットにおける体内動態の差異に関する検討
    共著
    松本紘典、高岡龍蔵、加藤美紀、鈴木智子、安藤義則、春名光昌、灘井雅行
    日本薬学会第132年会(於札幌)
    2012年03月
  • (国内学会発表)単層カーボンナノチューブが種々のヒト呼吸器由来細胞のストレス関連遺伝子に及ぼす影響
    共著
    加藤美紀、等浩太郎、鈴木智子、安藤義則、灘井雅行
    第39 回日本毒性学会学術年会(於仙台)
    2012年07月
  • (国内学会発表) フェノバルビタールによる脳内解毒酵素の発現変動 –UDP-グルクロン酸転移酵素の変動–
    共著
    榊原有季子、加藤美紀、近藤裕也、灘井雅行
    フォーラム2012:衛生薬学・環境トキシコロジー(於名古屋)
    2012年10月
  • (国内学会発表)ヒト気管支上皮細胞のストレス関連遺伝子に及ぼすカーボンナノチューブの影響
    共著
    加藤美紀、等浩太郎、鈴木智子、安藤義則、灘井雅行
    フォーラム2012:衛生薬学・環境トキシコロジー(於名古屋)
    2012年10月
  • (国内学会発表)Effect of adrenalectomy on expression and induction of UDP-glucuronosyltransferase 1a in rats.
    共著
    Yukiko Sakakibara, Miki Katoh, Masaya Suzuki, Ryoko Kawabe, Keisuke Iwase, Masayuki Nadai
    日本薬物動態学会第27回年会(於千葉)
    2012年11月
  • (国内学会発表)ラットにおけるPaclitaxel製剤AbraxaneおよびTaxol腹腔内投与後のPaclitaxel体内動態の差異に関する検討
    共著
    大西克浩、加藤美紀、榊原有季子、築山郁人、松浦克彦、長谷川高明、灘井雅行
    日本薬学会第133年会(於横浜)
    2013年03月
  • (国内学会発表)Changes in UDP-glucuronosyltransferase 1a Subfamily in Rat Brain by β-naphtoflavone Treatment.
    共著
    Yukiko Sakakibara, Miki Katoh, Yuya Kondo and Masayuki Nadai
    日本薬物動態学会第28年会(於東京)
    2013年10月
  • (国内学会発表)ラット肝および肝外臓器におけるセロトニングルクロン酸抱合反応の速度論的解析
    共著
    榊原有季子、加藤美紀、川柳大翔、灘井雅行
    日本薬学会第134年会(於熊本)
    2014年03月
  • (国内学会発表)Paclitaxel製剤であるAbraxaneおよびTaxolをラット腹腔内に投与した後のPaclitaxelの体内動態の差異に関する検討
    共著
    大西克浩、加藤美紀、榊原有季子、築山 郁人、松浦 克彦、灘井 雅行
    日本薬学会第134年会(於熊本)
    2014年03月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2011年10月, 愛知県立春日井南高等学校出前講義


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.