教員情報

亀井 浩行
カメイ ヒロユキ
薬学部 薬学科
教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性
  • メールアドレス

    hkameimeijo-u.ac.jp

大学院その他

  • 薬学研究科 薬学専攻, 教授

学歴

  • 1986年03月, 名城大学大学院, 薬学研究科, 修士課程, 修了
  • 1997年07月,  

現在所属している学会

  • 日本薬理学会
  • 日本薬学会
  • 日本臨床薬理学会
  • 日本医療薬学会
  • 日本神経精神薬理学会
  • 日本医学教育学会
  • 日本臨床精神神経薬理学会
  • 日本アレルギー学会

研究活動

研究分野

  • その他, 神経精神薬理学
  • その他, 臨床薬学
  • 薬理学一般, 中枢神経系作用薬

教育研究への取り組み・抱負

    研究活動では精神科領域における患者を対象とした調査研究、臨床試験及び遺伝薬理学的研究について、教育活動では精神科における臨床研修の指導、事前実務実習及び医療面接の指導に取り組んでいる。今後、教育研究において、臨床経験及び調査研究を活かした教育・指導、薬剤の適正使用を目指した薬剤師主導型臨床試験の推進に取り組んでいきたい。

著書

  • 生物学的精神医学、最近の進歩
    鍋島俊隆、亀井浩行、加藤晃、 長坂光昭、山田清文、亀山勉
    ヘスコインターナショナル
    1985年11月
    共著
    条件抑制における dopamine およびopioid 神経系の役割(P186~P195)
  • トキシコロジー
    亀井浩行、野田幸裕、鍋島俊隆
    朝倉書店(東京)
    2002年06月
    共著
    第6章神経行動毒性(P186~P206)
  • 臨床試験におけるプロトコール逸脱の<ケース別>事例解析・防止対策集
    亀井浩行、安藤幸子、加藤経子、堅田早紀子、加藤英里、土井千香子、宇野雅子、新出千聡、石黒直樹
    技術情報協会(東京)
    2002年12月
    共著
    第5章プロトコール逸脱・ニアミス事例発生原因/対応の実際/効果的な防止策. 第4節治験実施機関側からみた事例① 名古屋大学医学部附属病院(P125~P136)
  • わかりやすい医療英語
    亀井浩行
    廣川書店(東京)
    2008年03月
    共著
    第4章英語で学ぶ臨床薬学(P109~P148)
  • 薬学生のための実務実習事前学習テキスト
    野田幸裕、岡本光美、亀井浩行
    株式会社じほう(東京)
    2008年08月
    共著
    第9章注射剤の無菌操作(P42~P62)
  • 新版トキシコロジー
    亀井浩行、野田幸裕、鍋島俊隆
    朝倉書店(東京)
    2009年07月
    共著
    第6章神経行動毒性(P213-P237)
  • 薬学CBTこあかり3
    亀井浩行
    医学評論社
    2009年07月
    共著
    薬の効くプロセス 薬の効き方Ⅱ(P49-P86)
  • 薬剤師の強化書シリーズ 精神科薬物療法の管理
    亀井浩行、鍋島俊隆
    南山堂
    2011年03月
    共著
    第2部 向精神薬の臨床薬理と臨床上重要な医薬品情報(P60-P67)

学術論文

  • 調剤薬局におけるがん患者と薬剤師のコミュニケーションに関するパイロット研究(査読付き論文)
    共著
    川瀬基子、半谷眞七子、亀井浩行、松葉和久、大橋均、藤崎和彦
    医療薬学
    37, 559, 566
    2011年11月
  • Attitudes of Japanese pharmacy students toward mental illness (査読付き論文)
    共著
    Marshall Cates, Jean Bright, 亀井浩行, Thomas Woolley
    Pharmacy Education
    11, 132, 135
    2011年11月
  • Matrix metalloproteinase-9 contributes to kindled seizure development in pentylenetetrazole-treated mice by converting pro-BDNF to mature BDNF in the hippocampus.(査読付き論文)
    共著
    Hiroyuki Mizoguchi, Junya Nakade, Masaki Tachibana, Daisuke Ibi, Eiichi Someya, Hiroyuki Koike, Hiroyuki Kamei, Toshitaka Nabeshima, Shigeyoshi Itohara, Kazuhiro Takuma, Makoto Sawada, Jun Sato, Kiyofumi Yamada
    J Neurosci.
    36, 12963, 12971
    2011年09月
  • 6年制薬学教育の初級学年への問題基盤型学習(PBL)の導入に関する考察(査読付き論文)
    共著
    飯田耕太郎、亀井浩行、半谷眞七子、野田幸裕
    名城大学総合研究所総合学術研究論文集
    10, 45, 54
    2011年03月
  • Nicotine ameliorates impairment of working memory in methamphetamine- treated rats.(査読付き論文)
    共著
    溝口博之、衣斐大輔、高瀬文子、永井拓、亀井浩行、Toth E、佐藤淳、新井佐和子、田熊一敞、山田清文
    Behav Brain Res.
    220, 159, 163
    2011年01月
  • Effects of single therapeutic doses of promethazine, fexofenadine and olopatadine on psychomotor function and histamine-induced wheal- and flare-responses: a randomized double-blind, placebo-controlled study in healthy volunteers.(査読付き論文)
    共著
    Hiroyuki Kamei, Ami Isaji, Yukihiro Noda, Kazuhiro Ishikawa, Koji Senzaki, Kiyofumi Yamada, Kazuhiro Sugiura , Yasushi Tomita, Toshitaka Nabeshima
    Arch Dermatol Res.
    1
    2011年
  • がん患者が呈する不眠に関わる要因と睡眠薬の使用状況について(査読付き論文)
    共著
    福井愛子、亀井浩行、平野茂樹、半谷眞七子、松葉和久、内藤和行 山田享
    医療薬学
    36, 327, 337
    2010年08月
  • 説明文書を用いたインフォームド・コンセントが精神疾患患者における抗精神病薬の満足度及び服薬態度に及ぼす影響について(査読付き論文)
    共著
    種村繁人、亀井浩行、笹野 央、 吉田 勉、金森亜矢、岸 太郎、 北島剛司、成田智拓、内藤 宏、岩田仲生
    臨床精神薬理
    13, 327, 337
    2010年03月
  • 問題解決能力育成を目指した薬学型PBLと支援システム(査読付き論文)
    共著
    大津史子、永松 正、灘井雅行、豊田行康、後藤伸之、平松正行、吉田 勉、小森由美子、長谷川洋一、亀井浩行、野田幸裕、森 健
    IT活用教育方法研究
    12, 6, 10
    2009年12月
  • Therapeutic potential of nicotine for methamphetamine-induced impairment of sensorimotor gating: involvement of pallidotegmental neurons(査読付き論文)
    共著
    溝口博之、新井佐和子、小池浩司、衣斐大輔、亀井浩行、鍋島俊隆、Kim HC、田熊一敞、山田清文
    Psycho-pharmacology
    207, 235, 243
    2009年12月
  • 患者を理解するための薬学部1年生を対象としたコミュニケーション教育の実践(査読付き論文)
    共著
    半谷眞七子、亀井浩行、飯田耕太郎、松葉和久
    医学教育
    40, 445, 455
    2009年11月
  • Neonatal polyI:C treatment in mice results in schizophrenia-like behavioral and neurochemical abnormalities in adulthood.(査読付き論文)
    共著
    衣斐大輔、永井拓、北原裕子、溝口博之、小池博之、白木安奈、 田熊一敞、亀井浩行、野田幸裕、 新田淳美、鍋島俊隆、米田幸雄、山田清文
    Neurosci. Res.
    64, 297, 305
    2009年05月
  • Aripiprazole ameliorates phencyclidine-induced impairment of recognition memory through dopamine D(1) and serotonin 5-HT (1A) receptors.(査読付き論文)
    共著
    永井拓、村井里菜、松井香奈枝、亀井浩行、野田幸裕、古川宏、鍋島俊隆
    Psycho-pharmacology
    202, 315, 328
    2009年01月
  • GABA(B) receptor agonist baclofen improves methamphetamine-induced cognitive deficit in mice.(査読付き論文)
    共著
    新井佐和子、田熊一敞、溝口博之、衣斐大輔、永井拓、亀井浩行、Kim HC、山田清文
    Eur. J. Pharmacol.
    602, 101, 104
    2009年01月
  • Involvement of pallidotegmental neurons in methamphetamine- and MK-801-induced impairment of prepulse inhibition of the acoustic startle reflex in mice: reversal by GABAB receptor agonist baclofen.(査読付き論文)
    共著
    新井佐和子、田熊一敞、溝口博之、衣斐大輔、永井拓、高橋健次、亀井浩行、鍋島俊隆、山田清文
    Neuropsycho-pharmacol.
    33, 3164, 3175
    2008年12月
  • 統合失調症患者における精神症状・病識・アドヒアランスの関連性について(査読付き論文)
    共著
    高木恵子、亀井浩行、西田幹夫、松葉和久、山之内芳雄、内藤 宏、岩田仲生
    臨床精神薬理
    105, 921, 932
    2008年08月
  • OTC薬選別時における患者と薬剤師間のRIASによるコミュニケーション分析(査読付き論文)
    共著
    半谷眞七子、安間保恵、亀井浩行、松葉和久、浅井雅浩、谷山正好、阿部恵子
    医療薬学
    34, 1059, 1067
    2008年08月
  • Social isolation rearing-induced impairment of the hippocampal neurogenesis is associated with deficits in spatial memory and emotion-related behaviors in juvenile mice(査読付き論文)
    共著
    衣斐大輔、田熊一敞、小池浩司、溝口博之、桑原雄介、亀井浩行、永井拓、米田幸雄、鍋島俊隆、山田清文
    J. Neurochem.
    105, 921, 932
    2008年05月
  • Role of tissue plasminogen activator in the sensitization of methamphetamine-induced dopamine release in the nucleus accumbens(査読付き論文)
    共著
    深草亜由美、永井拓、溝口博之、 大塚登、木村春秀、亀井浩行、Hyoung-Chun Kim、 鍋島俊隆、 田熊一敞、山田清文
    J. Neurochem.
    105, 436, 444
    2008年02月
  • 17β-estradiol attenuates hippocampal neuronal loss and cognitive dysfunction induced by chronic restraint stress in ovariectomized rats(査読付き論文)
    共著
    田熊一敞、松尾亜衣、姫野友紀子、保科有希、新井佐和子、亀井浩行、溝口博之、永井拓、小池浩司、井上 正樹、山田清文
    Neuroscience
    146, 60, 68
    2007年10月
  • Dopamine D1 receptors regulate protein synthesis-dependent long-term recognition memory via extracellular signal-regulated kinase 1/2 in the prefrontal cortex, (査読付き論文)
    共著
    永井拓、田熊一敞、亀井浩行、伊藤幸雄、中道範隆、衣斐大輔、中西豊、村井正明、溝口博之、山田清文
    Learn. Memory
    14, 117, 125
    2007年10月
  • Ginkgo biloba extract EGb 761 attenuates hippocampal neuronal loss and cognitive dysfunction resulting from chronic restraint stress in ovariectomized rats(査読付き論文)
    共著
    田熊一敞、保科有希、新井佐和子、姫野友紀子、松尾亜伊、衣斐大輔、亀井浩行、溝口博之、 永井拓、小池浩司、井上正樹、山田清文
    Neuroscience
    149, 256, 262
    2007年10月
  • OTC薬の必要性を選別するための薬剤師のコミュニケーションの分析(査読付き論文)
    共著
    半谷眞七子、柴田章代、亀井浩行、松葉和久、浅井雅浩、谷山正好
    医療薬学
    33, 693, 701
    2007年08月
  • Possible involvement of protease-activated receptor-1 in the regulation of morphine-induced dopamine release and hyperlocomotion by the tissue plasminogen activator-plasmin system(査読付き論文)
    共著
    伊藤美奈、永井拓、深草亜由美、中西豊、亀井浩行、鍋島俊隆、田熊一敞、山田清文
    J. Neurochem.
    101, 1392, 1399
    2007年08月
  • Neural Circuits Containing Pallidotegmental GABAergic Neurons are Involved in the Prepulse Inhibition of the Startle Reflex in Mice(査読付き論文)
    共著
    高橋健次、永井拓、亀井浩行、前田健、 松屋隆宏 、新井佐和子、 溝口博之、米田幸雄、鍋島俊隆、田熊一敞、山田清文
    Biol.Psychiat.
    62, 148, 157
    2007年08月
  • Hypofunctional glutamatergic neurotransmission in the prefrontal cortex is involved in the emotional deficit induced by repeated treatment with phencyclidine in mice: Implications for abnormalities of glutamate release and NMDA–CaMKII signaling(査読付き論文)
    共著
    村井里菜、 野田幸裕、松井香奈枝、亀井浩行、 毛利彰宏、松葉和久 、新田淳美、古川宏、鍋島俊隆
    Behav. Brain Res.
    180, 152, 160
    2007年05月
  • Repeated methamphetamine treatment impairs spatial working memory in rats: reversal by clozapine but not haloperidol(査読付き論文)
    共著
    永井拓、田熊一敞、同庭美里、衣斐大輔、溝口博之、 亀井浩行、鍋島俊隆、山田清文
    Psycho-pharmacology
    194, 21, 32
    2007年05月
  • 薬学教育へのPBL(Problem-based Learning)の普及・導入状況に関するアンケート調査(査読付き論文)
    共著
    亀井浩行、半谷眞七子、平野正美、松葉和久
    医療薬学
    33, 1720, 1725
    2007年03月
  • Involvement of tissue plasminogen activator-plasmin system in depolarization-evoked dopamine release in the nucleus accumbens of mice(査読付き論文)
    共著
    永井拓、亀井浩行、洞庭生悟、高柳匡徳、鍋島俊隆、田熊一敞、山田清文
    Mol.Pharmacol.
    70, 1720, 1725
    2006年12月
  • Involvement of hippocampal extracellular signal-regulated kinase 1/2 in spatial working memory in rats(査読付き論文)
    共著
    永井拓、亀井浩行、洞庭生悟、高柳匡徳、鍋島俊隆、田熊一敞、山田清文
    Neuroreport
    17, 1453, 1457
    2006年11月
  • The rewards of nicotine: regulation by tissue plasminogen activator-plasmin system through protease activated receptor-1(査読付き論文)
    共著
    永井拓、伊藤美奈、溝口博之、亀井浩行、鍋島俊隆、田熊一敞、山田清文
    J. Neurosci.
    26, 12374, 12383
    2006年10月
  • 常用薬としてのrisperidone液剤分包の患者評価と客観評価―抗精神病薬の剤形は服薬アドヒアランスにどう影響するか-(査読付き論文)
    共著
    岩田仲生、亀井浩行、山之内芳雄、内藤宏
    臨床精神薬理
    9, 1647, 1652
    2006年09月
  • MMFのPharmacodynamics解析によるモニタリングの確立-MTT assayとフローサイトメトリーの比較-(査読付き論文)
    共著
    倉田洋子、葛谷孝文、小林孝彰、三輪祐子、打田和治、中尾昭公、亀井浩行、松葉和久、野田幸裕、鍋島俊隆
    日本移植学会雑誌 「移植」
    41, 351, 355
    2006年04月
  • Repeated methamphetamine treatment impairs recognition memory through a failure of novelty-induced ERK 1/2 activation in the prefrontal cortex.(査読付き論文)
    共著
    亀井浩行、永井拓、中野寛子、東岸由里子、高柳匡徳、高橋健次、小林香奈、吉田茂、前田健、田熊一敞、鍋島俊隆、山田清文
    Biol.Psychiat.
    59, 75, 84
    2006年01月
  • Effects of memantine and donepezil on amyloid β-induced memory impairment in a delayed-matching to position task in mice.(査読付き論文)
    共著
    山田清文、高柳匡徳、亀井浩行、永井拓、洞庭生悟、小林香奈、吉田茂、大原辰雄、田熊一敞、鍋島俊隆
    Behav. Brain Res.
    162, 191, 199
    2005年07月
  • Modification by the tissue plasminogen activator-plasmin system of morphine-induced dopamine release and dopamine-dependent hyperlocomotion, but not antinociceptive effect in mice.(査読付き論文)
    共著
    永井拓、亀井浩行、伊藤美奈、橋本和樹、田熊一敞、鍋島俊隆、山田清文
    J. Neurochem.
    93, 1272, 1279
    2005年06月
  • Enhanced antidepressant efficacy of sigma1 receptor agonists in rats after chronic intracerebroventricular infusion of beta-amyloid-(1-40) protein.(査読付き論文)
    共著
    Urani A、 Romieu P、 Roman FJ、山田清文、野田幸裕、亀井浩行、Manh Tran H、 永井拓、鍋島俊隆、Maurice T
    Eur.J.Pharmacol.
    486, 151, 161
    2004年02月
  • 大学院修士課程臨床薬学講義ならびに実務実習のVisual Analog Scale法による客観的評価(査読付き論文)
    共著
    成橋和正、野村政明、亀井浩行、小野俊介、松下良、清水栄、横川弘一、山田清文、鈴木永雄、宮本謙一、木村和子
    Yakugaku Zasshi
    123, 973, 980
    2003年11月
  • Comparative study of acute effects of single doses of fexofenadine, olopatadine, d-chlorpheniramine and placebo on psychomotor function in healthy volunteers(査読付き論文)
    共著
    亀井浩行、野田幸裕、石川和宏、 千崎康司、村岡勲、長谷川好規、 Hindmarch I、鍋島俊隆
    Human psycho-pharmacol.
    18, 1, 8
    2003年10月
  • Immunocyto-chemical evidence that amyloid beta (1-42) impairs endogenous antioxidant systems in vivo(査読付き論文)
    共著
    Kim HC、山田清文、新田淳美、Olariu A, Tran MH、水野誠、 中島 晶、永井拓、亀井浩行、 Jhoo WK、Im DH、Shin EJ、Hjelle OP、Ottersen OP、Park SC、Kato K、Mirault ME、鍋島俊隆
    Neuroscience
    119, 399, 419
    2003年05月
  • Tyrosine nitration of a synaptic protein synaptophysin contributes to amyloid peptide cholinergic hypofunction(査読付き論文)
    共著
    Tran MH、山田清文、中島晶、水野 誠、Jue H、亀井浩行、鍋島俊隆
    Mol. Psychiat.
    8, 407, 412
    2003年04月
  • 治験の品質管理における治験コーディネーターの役割(査読付き論文)
    共著
    亀井浩行、安藤幸子、加藤経子、成瀬由香理、市野真弓、白木比奈子、堅田早紀子、加藤純子、宮澤憲治、新出千聡、加藤英里、土井千香子、宇野雅子、葛谷孝文、村岡勲、伊藤幸代、大原洋子、山田清文、石黒直樹、鍋島俊隆
    臨床薬理
    34, 19, 23
    2003年01月
  • Learning and memory in two different reward tasks in a radial arm maze in rats(査読付き論文)
    共著
    Jue H、山田清文、中島晶、亀井浩行、鍋島俊隆
    Behav. Brain Res.
    134, 139, 148
    2002年08月
  • 名古屋大学病院における治験コーディネーターの取り組みとその成果(査読付き論文)
    共著
    亀井浩行、加藤経子、安藤幸子、成瀬由香理、市野真弓、白木比奈子、堅田早紀子、加藤純子、宮澤憲治、新出千聡、加藤英里、土井千香子、宇野雅子、葛谷孝文、村岡勲、伊藤幸代、大原洋子、山田清文、吉田純、鍋島俊隆、石黒直樹
    臨床薬理
    33, 85, 91
    2001年05月
  • Phencyclidine impairs latent learning in mice: interaction between glutamatergic systems and sigma(1) receptors(査読付き論文)
    共著
    野田明宏、野田幸裕、亀井浩行、市原賢二、間宮隆吉、永井拓、杉浦伸一、古川宏、鍋島俊隆
    Neuropsycho-pharmacol.
    24, 451, 460
    2001年04月
  • Clozapine, but not haloperidol, reverses social behavior deficit in mice during withdrawal from chronic phencyclidine treatment(査読付き論文)
    共著
    Qiao H、野田幸裕、亀井浩行、永井拓、古川宏、三浦英樹、太田龍朗、鍋島俊隆
    Neuroreport
    12, 11, 15
    2001年01月
  • Repeated phencyclidine treatment induces negative symptom-like behavior in forced swimming test in mice: imbalance of prefrontal serotonergic and dopaminergic functions (査読付き論文)
    共著
    野田幸裕、亀井浩行、間宮隆吉、古川宏、鍋島俊隆
    Neuropsycho-pharmacol.
    23, 375, 387
    2000年10月
  • Neurosteroids ameliorate conditioned fear stress: an association with sigma1 receptor (査読付き論文)
    共著
    野田幸裕、亀井浩行、亀井雪絵、永井拓、西田幹夫、鍋島俊隆
    Neuropsycho-pharmacol.
    23, 276, 284
    2000年09月
  • Involvement of dopaminergic system in phencyclidine-induced place preference in mice pretreated with phencyclidine repeatedly(査読付き論文)
    共著
    野田幸裕、宮本嘉明、間宮隆吉、亀井浩行、古川宏、鍋島俊隆
    J. Pharmacol. Exp. Ther.
    286, 44, 51
    1998年07月
  • Pharmacological effects of BAM-1120, a novel ergoline derivative, on central dopaminergic functions in rats(査読付き論文)
    共著
    市原賢二、亀井浩行、奥村敬一、水越清、長坂光昭
    Meth. Find. Exp. Clin. Pharmacol.
    20, 561, 566
    1998年03月
  • Renal effects of the calcium channel blocker aranidipine and its active metabolite in anesthetized dogs and conscious spontaneously hypertensive rats(査読付き論文)
    共著
    市原賢二、奥村敬一、亀井浩行、 長坂光昭、神田敦弘、菅野智宏、三好和久、三宅秀和
    J. Cardiovasc. Pharmacol.
    31, 277, 285
    1998年02月
  • Role of (+)-SKF-10,047-sensitive sub-population of sigma 1 receptors in amelioration of conditioned fear stress in rats: association with mesolimbic dopaminergic systems(査読付き論文)
    共著
    亀井浩行、野田幸裕、鍋島俊隆、亀山勉
    Eur. J. Pharmacol
    319, 165, 172
    1997年01月
  • Contribution of aranidipine metabolites with slow binding kinetics to the vasodilating activity of aranidipine(査読付き論文)
    共著
    三好和久、三宅秀和、市原賢二、亀井浩行、長坂光昭
    Naunyn-Schmiedebergs Arch. Pharmacol.
    355, 119, 125
    1997年01月
  • (+)-SKF-10,047 and dextromethorphan ameliorate conditioned fear stress via dopaminergic systems linked to phenytoin-regulated sigma 1 sites (査読付き論文)
    共著
    亀井浩行、鍋島俊隆、亀山勉
    Eur. J. Pharmacol
    309, 149, 158
    1996年08月
  • (+)-SKF-10,047 and dextromethorphan ameliorate conditioned fear stress through the activation of phenytoin-regulated sigma1 sites (査読付き論文)
    共著
    亀井浩行、鍋島俊隆、亀山勉
    Eur. J. Pharmacol
    299, 21, 28
    1996年03月
  • Activation of both dopamine D1 and D2 receptors necessary for amelioration of conditioned fear stress (査読付き論文)
    共著
    亀井浩行、鍋島俊隆、亀山勉
    Eur. J. Pharmacol
    273, 229, 233
    1995年02月
  • SKF-10,047 reverses stress-induced motor suppression: interaction with dopaminergic system (査読付き論文)
    共著
    亀井浩行、鍋島俊隆、亀山勉
    Eur. J. Pharmacol
    260, 39, 46
    1994年06月
  • MPC-1304, another type of dihydropyridine, possessing highly potent vasodilating action(査読付き論文)
    共著
    三好和久、神田敦弘、三宅秀和、市原賢二、亀井浩行、長坂光昭
    Eur. J. Pharmacol
    238, 139, 148
    1993年07月
  • (±)-Methyl 2-oxopropyl 1, 4-dihydro-2, 6-dimethyl-4-(2-nitrophenyl)-3, 5-pyridine-dicarboxylate (MPC-1304) の代謝物の一般薬理作用 (4) 中枢神経系, 呼吸・循環器系およびその他に対する作用(査読付き論文)
    共著
    長坂光昭、市原賢二、久納保夫、亀井浩行、杉浦隆夫、奥村敬一、 三宅秀和
    応用薬理
    45, 349, 361
    1993年04月
  • Cross sensitization between phencyclidine and methamphetamine:Ⅱ. Repeated administration of methamphetamine at a high dose(査読付き論文)
    共著
    鍋島俊隆、深谷公昭、亀井浩行、石川和宏、川宏、亀山勉
    Res. Commun. Subst. Abuse
    10, 95, 107
    1989年05月
  • Cross sensitization between phencyclidine and methamphetamine:Ⅰ. Repeated administration of methamphetamine at a low dose(査読付き論文)
    共著
    鍋島俊隆、深谷公昭、亀井浩行、石川和宏、古川宏、亀山勉
    Res. Commun. Subst. Abuse
    10, 62, 76
    1989年01月
  • A role played by sigma receptors in the conditioned suppression of motility in mice(査読付き論文)
    共著
    鍋島俊隆、亀井浩行、亀山勉
    Psycho-pharmacology
    94, 515, 520
    1988年10月
  • Opioid kappa receptors correlate with the development of conditioned suppression of motility in mice(査読付き論文)
    共著
    鍋島俊隆、亀井浩行、亀山勉
    Eur. J. Pharmacol.
    152, 129, 133
    1988年07月
  • Conditioned suppression and opioid kappa receptor in mice(査読付き論文)
    共著
    鍋島俊隆、亀井浩行、松野聖、亀山勉
    J.Pharmacobio-dyn.
    9, 74, 80
    1986年01月
  • Allosteric changes in opioid receptors induced by the electric footshock(査読付き論文)
    共著
    鍋島俊隆、松野聖、亀井浩行、野田幸裕、亀山勉
    Res. Commun. Subst. Abuse.
    6, 193, 211
    1985年12月
  • Electric footshock-induced changes in behavior and opioid receptor function(査読付き論文)
    共著
    鍋島俊隆、松野聖、亀井浩行、野田幸裕、亀山勉
    Pharmacol. Biochem. Behav.
    23, 769, 775
    1985年11月
  • The interaction of eptazocine, a novel analgesic, with opioid receptors (査読付き論文)
    共著
    鍋島俊隆、松野聖、亀井浩行、亀山勉
    Res. Commun. Chem. Pathol. Pharmacol.
    48, 173, 181
    1985年05月
  • Functional alteration of opioid receptor subtypes in the mice exhibited conditioned suppression in motility(査読付き論文)
    共著
    亀山勉、鍋島俊隆、亀井浩行、松野聖
    Neurosci. Lett.
    53, 263, 266
    1985年02月

講演・口頭発表等

  • 〔学会発表〕条件抑制におけるopioid受容体サブタイプの役割
    共著
    亀井浩行、松野聖、鍋島俊隆、亀山勉
    第14回精神薬理研究会
    1984年10月
  • 〔学会発表〕条件抑制におけるopioid神経系とdopamine神経系の相互作用
    共著
    亀井浩行、鍋島俊隆、亀山勉
    第15回日本神経精神薬理学会
    1985年10月
  • 〔学会発表〕マウスでの条件抑制におけるopioid sigma receptorの役割
    共著
    亀井浩行、鍋島俊隆、亀山勉
    第59回日本薬理学会総会
    1986年03月
  • 〔学会発表〕新規ドパミン受容体作動薬BAM-1110の薬理学的特性
    共著
    亀井浩行、市原賢二、奥村敬一、杉浦隆夫、久納保夫、北村満喜、 長坂光昭、北条雅一
    第67回日本薬理学会年会
    1994年03月
  • 〔学会発表〕条件抑制に対するドパミンD1およびD2受容体アゴニストの作用
    共著
    亀井浩行、鍋島俊隆、亀山勉
    第85回日本薬理学会近畿部会
    1994年06月
  • 〔学会発表〕恐怖条件付けストレスによるラット脳内ドパミン代謝の変化に対するシグマ1受容体アゴニストの作用
    共著
    亀井浩行、野田幸裕、亀山勉、 鍋島俊隆
    第93回日本薬理学会近畿部会
    1998年06月
  • 〔学会発表〕名古屋大学病院における医師を対象とした治験に関する意識調査
    共著
    亀井浩行、神谷和憲、小島さおり、成瀬由香理、加藤経子、安藤幸子、加藤勝義、葛谷孝文、伊藤幸代、大原洋子、山田清文、鍋島俊隆、吉田純
    日本薬学会第120年会
    2000年06月
  • 〔学会発表〕名古屋大学病院における治験コーディネーターの取り組みとその成果
    共著
    亀井浩行、加藤経子、安藤幸子、 成瀬由香理、中谷宜子、市野真弓、長坂沙織、堀田敦子、伊藤珠代、白木比奈子、堅田早紀子、葛谷孝文、伊藤幸代、大原洋子、山田清文、鍋島俊隆、石黒直樹、吉田純
    第21回日本臨床薬理学会年会
    2000年12月
  • 〔学会発表〕治験における薬剤師コーディネーターの役割 (シンポジスト)
    単著
    第7回医療薬学公開シンポジウム
    2001年01月
  • 〔学会発表〕名古屋大学病院における治験コーディネーターの活動(シンポジスト)
    単著
    平成13年度 第1回東海北陸地区治験推進協議会
    2001年08月
  • 〔学会発表〕治験の品質管理における治験コーディネーターの役割
    共著
    亀井浩行、安藤幸子、成瀬由香理、加藤経子、伊藤珠代、市野真弓、 白木比奈子、堅田早紀子、加藤純子、加藤英里、宮澤憲治、新出聡子、土井千香子、宇野雅子、村岡勲、伊藤幸代、大原洋子、山田清文、鍋島俊隆、吉田純
    第22回日本臨床薬理学会年会
    2001年12月
  • 〔学会発表〕健常成人の精神運動機能に対するマレイン酸クロルフェニラミン, フェキソフェナジン及びオロパタジンの単回投与による影響
    共著
    亀井浩行、野田幸裕、石川和宏、千崎康司、村岡勲、長谷川好規、 Hindmarch I、鍋島俊隆
    第23回日本臨床薬理学会年会
    2002年12月
  • 〔学会発表〕The disruptive effect of methamphetamine on cognitive function
    共著
    亀井浩行、中野寛子、橋本和樹、高柳匡徳、東岸由里子、高橋健次、鍋島俊隆、山田清文
    The 7th International Society for Neurochemistry Asian Pacific Society For Neurochemistry Sponsored Satellite Meeting
    2003年08月
  • 〔学会発表〕Cognition impairment induced by repeated administration of methamphetamine in mice
    共著
    亀井浩行、中野寛子、橋本和樹、高柳匡徳、東岸由里子、高橋健次、鍋島俊隆、山田清文
    The 9th Southeast Asian-Western Pacific Regional Meeting of Pharmacologists
    2003年08月
  • 〔学会発表〕金沢大学薬学部における早期体験学習
    共著
    亀井浩行、野村政明、大柳賀津夫、塩村和子、山田順子、成橋和正、松下良、清水栄、横川弘一、木村和子、 鈴木永雄、宮本謙一、辻 彰、山田清文
    第13回日本医療薬学会年会
    2003年09月
  • 〔学会発表〕Pentylenetetrazole誘発性痙攣およびキンドリングにおけるtissue plasminogen activatorの関与
    共著
    亀井浩行、中野寛子、高橋健次、高柳匡徳、東岸由里子、永井 拓、鍋島俊隆、山田清文
    日本薬学会第124年会
    2004年03月
  • 〔学会発表〕メタンフェタミン誘発性認知障害に対する抗精神病薬の効果
    共著
    亀井浩行、永井拓、東岸由里子、小林香奈、中野寛子、田熊一敞、鍋島俊隆、山田清文
    第8回ニコチン・薬物依存研究フォーラム学術年会
    2005年03月
  • 〔学会発表〕臨床薬剤師教育へのproblem-based learning (PBL)チュートリアル教育の導入―学生のグループ討議への参加態度に対する評価―
    共著
    亀井浩行、半谷眞七子、岡本能弘、大津史子、田口忠緒、飯田耕太郎、灘井雅行、永松正、吉田勉、篠原力雄、吉住秀夫、西田幹夫、平野正美、松葉和久
    日本薬学会第125年会
    2005年03月
  • 〔学会発表〕薬剤師の臨床教育と実務研修のスキルアップを目指して
    単著
    平成16年度文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」名城大学大学院「医学教育との連携による臨床薬剤師教育」第1回米国薬剤師教育の視察公開報告会
    2005年03月
  • 〔学会発表〕Development of clinical pharmacy education at Meijo University
    共著
    亀井浩行、半谷眞七子、吉田勉、篠原力雄、吉住秀夫、西田幹夫、平野正美、松葉和久
    The 5th Asian Conference on Clinical Pharmacy
    2005年07月
  • 〔学会発表〕A Model of Clinical Pharmacy Education in Japan
    共著
    亀井浩行、半谷眞七子、吉田勉、永松正、篠原力雄、吉住秀夫、西田幹夫、平野正美、松葉和久、金田典雄
    US-Japan Conference on Drug Development & Rational Drug Design
    2005年08月
  • 〔学会発表〕米国の精神科領域における薬剤師の役割と専門薬剤師の育成
    単著
    平成16年度文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」名城大学大学院「医学教育との連携による臨床薬剤師教育」第2回海外薬剤師教育の視察公開報告会
    2006年03月
  • 〔学会発表〕薬学教育へのPBLの普及・導入状況に関するアンケート調査
    共著
    亀井 浩行、半谷 眞七子、永松正、吉田勉、篠原力雄、吉住秀夫、西田幹夫、平野正美、松葉和久、金田 典雄
    日本薬学会第126年会
    2006年03月
  • 〔学会発表〕Survey of Present Situation of PBL in Pharmacy Education in Japan(シンポジスト)
    共著
    亀井浩行、半谷眞七子、平野正美、松葉和久
    The 6th Asian Conference on Clinical Pharmacy
    2006年07月
  • 〔学会発表〕PBL in pharmacy education in Japan
    共著
    亀井浩行、半谷眞七子、平野正美、松葉和久
    The 5th Nanjing-Shenyang- Nagoya Symposium of Pharmaceutical Sciences
    2006年11月
  • 〔学会発表〕臨床薬剤師教育へのproblem-based learning(PBLチュートリアル教育の導入-PBL授業およびファシリテーターに対する学生の評価-)
    共著
    亀井浩行、半谷眞七子、大津史子、田口忠雄、飯田耕太郎、灘井雅行、永松正、吉田勉、篠原力雄、吉住秀夫、西田幹夫、平野正美、松葉和久
    日本薬学会第127年会
    2007年03月
  • 〔学会発表〕健常成人の精神運動機能に対する抗ヒスタミン薬の影響(シンポジスト)
    共著
    亀井浩行、野田幸裕、長谷川好規、Hindmarch Ian、鍋島俊隆
    第80回日本薬理学会年会
    2007年03月
  • 〔学会発表〕Development of New Clinical Pharmacy Education in Japan(シンポジスト)
    共著
    亀井浩行、半谷眞七子、吉田勉、永松正、篠原力雄、西田幹夫、平野正美、松葉和久
    The 7th Asian Conference on Clinical Pharmacy
    2007年07月
  • 〔学会発表〕統合失調症患者における症状の程度と病識・アドヒアランスとの関連性について
    共著
    亀井浩行、高木恵子、山之内芳雄、内藤 宏、岩田仲生
    第17回日本臨床精神神経薬理学会
    2007年10月
  • 〔学会発表〕Clinical Pharmacist Training by Collaboration with Medical Education
    共著
    亀井浩行、半谷眞七子、大津史子、田口忠雄、飯田耕太郎、灘井雅行、吉田勉、永松正、篠原力雄、西田幹夫、平野正美、松葉和久
    Pan-Pacific International Partnership Conference on Pharmaceutical and Life Sciences (The 4th US-Japan Joint Conference)
    2008年02月
  • 〔学会発表〕臨床研修におけるproblem-based learning (PBL)の有効性に関する学生評価
    共著
    亀井浩行、半谷眞七子、大津史子、田口忠緒、飯田耕太郎、灘井雅行、永松正、吉田勉、篠原力雄、西田幹夫、平野正美、松葉和久
    日本薬学会第128年会
    2008年03月
  • 〔学会発表〕Students’ Evaluation for the Efficacy of Problem-based Learning (PBL) in Clinical Training(シンポジスト)
    共著
    亀井浩行、半谷眞七子、大津史子、田口忠緒、飯田耕太郎、灘井雅行、永松正、吉田勉、篠原力雄、西田幹夫、平野正美、松葉和久
    The 8th Asian Conference on Clinical Pharmacy
    2008年07月
  • 〔学会発表〕薬学部教員が臨床指導者(プリセプター)として活動する精神科での臨床薬剤師教育システムの構築
    共著
    亀井浩行、半谷眞七子、吉田勉、江崎幸治、岩田仲生、松葉和久、Marshall Cates、Robert Henderson、Charles Sands
    医療薬学フォーラム2008
    2008年07月
  • 〔学会発表〕同意説明文書を用いたインフォームド・コンセントが精神疾患患者における抗精神病薬の満足度及び服薬態度に及ぼす影響について
    共著
    亀井浩行、笹野央、種村繁人 、北島剛司 、成田智拓 、 内藤宏 、岩田仲生
    第18回日本臨床精神神経薬理学会
    2008年10月
  • 〔学会発表〕特色GPから医療人GPへ―医学教育との連携による臨床薬剤師教育―(シンポジスト)
    単著
    九州保健福祉大学-名城大学 医療人GP合同シンポジウム
    2008年11月
  • 〔学会発表〕抗ヒスタミン薬の精神運動機能に及ぼす影響(シンポジスト)
    単著
    第29回 日本臨床薬理学会年会
    2008年12月
  • 〔学会発表〕精神科領域において薬学部教員がプリセプターとして活動する臨床薬剤師教育の取組み
    共著
    亀井浩行、半谷眞七子、吉田勉、江崎幸治、岩田仲生、松葉和久
    日本薬学会第129年会
    2009年03月
  • 〔学会発表〕clinical preceptor within the psycho-pharmacy practice(シンポジスト)
    共著
    亀井浩行、半谷眞七子、吉田勉、 松葉和久、江崎幸治、岩田仲生
    The 9th Asian Conference on Clinical Pharmacy
    2009年09月
  • 〔学会発表〕抗ヒスタミン薬のインペアード・パフォーマンス(気づきにくい能力ダウン)について 第二世代抗ヒスタミン薬の認知機能評価(シンポジスト)
    単著
    第42回日本薬剤師会学術大会
    2009年10月
  • 〔学会発表〕抗ヒスタミン薬のインペアード・パフォーマンス(気づきにくい能力ダウン)について 第二世代抗ヒスタミン薬の認知機能評価(シンポジスト)
    単著
    第19回日本医療薬学会年会
    2009年10月
  • 〔学会発表〕臨床に役立つ抗ヒスタミン薬の評価 ~効果と精神運動機能の関係~(シンポジスト)
    単著
    第59回日本アレルギー学会秋季大会
    2009年10月
  • 〔学会発表〕臨床に役立つ抗ヒスタミン薬の評価 ~効果と精神運動機能の関係~(シンポジスト)
    単著
    第39回日本皮膚アレルギー・接触性皮膚炎学会
    2009年11月
  • 〔学会発表〕臨床に役立つ抗ヒスタミン薬の評価 ~効果と精神運動機能の関係~(シンポジスト)
    単著
    第109回日本皮膚科学会
    2010年04月
  • 〔学会発表〕臨床に役立つ抗ヒスタミン薬の評価 ~効果と精神運動機能の関係~(シンポジスト)
    単著
    第22回日本アレルギー学会春季学術大会
    2010年05月
  • 〔学会発表〕The practical education and research within the psycho-pharmacy(シンポジスト)
    共著
    亀井浩行、半谷眞七子、吉田勉、 松葉和久、江崎幸治、岩田仲生
    The 10th Asian Conference on Clinical Pharmacy
    2010年07月
  • 〔学会発表〕統合失調症患者におけるリスペリドン持効性注射剤に関する受け入れ調査
    共著
    亀井浩行、波多野正和、宇野準二、江崎幸治、福生泰久、大河内智、岸太郎、北島剛司、内藤宏、大賀肇、藤田潔、岩田仲生
    第20回臨床精神神経薬理学会
    2010年09月
  • 〔学会発表〕健常人のヒスタミン誘発性皮膚症状及び精神運動機能に対するプロメタジン、フェキソフェナジン及びオロパタジンの単回投与による影響
    共著
    亀井浩行、伊佐治亜美、野田幸裕、石川和宏、千崎康司、山田清文、杉浦一充、富田靖、鍋島俊隆
    第20回日本医療薬学会年会
    2010年11月
  • 〔学会発表〕Changing the Structure of Practical Education and Research within the Psycho-pharmacy Field(シンポジスト)
    共著
    亀井浩行、半谷眞七子、吉田勉、 岩田仲生
    The 11th Asian Conference on Clinical Pharmacy
    2011年07月
  • 〔学会発表〕臨床に役立つ抗ヒスタミン薬の評価~効果と精神運動機能の関係~(シンポジスト)
    共著
    亀井浩行、伊佐治亜美、野田幸裕、石川和宏、千崎康司、山田清文、杉浦一充、富田靖、鍋島俊隆
    日本皮膚科学会西部支部学術大会
    2011年10月
  • 〔学会発表〕臨床薬学アドバンス教育の構築-他学部・他施設との連携教育-、連携大学病院における実務実習後のアドバンス臨床研修の取り組み(シンポジスト)
    共著
    亀井浩行、半谷眞七子、吉田勉、長谷川洋一、野田幸裕、森健、牧原俊康、増田雅也、林高弘、矢野裕章、山田茂樹、岩田仲生
    第21回日本医療薬学会年会
    2011年10月
  • 〔学会発表〕統合失調症の薬物治療における薬剤師の役割(シンポジスト)
    単著
    平成23年度日本精神科病院協会学術教育研修会
    2011年10月
  • 〔学会発表〕精神科患者さんへの服薬指導薬(シンポジスト)
    単著
    第5回日本薬局学会学術総会
    2011年11月

その他の研究業績

  • 〔総説〕ストレス反応としての行動抑制
    共著
    鍋島俊隆、亀井浩行、亀山勉
    Neurosciences
    21, 7, 13
    2011年
  • 〔総説〕Effects of sigma receptor ligands on conditioned fear stress
    共著
    亀井浩行、亀山勉、鍋島俊隆
    Meth. Find. Exp. Clin. Pharmacol.
    20, 613, 618
    1998年09月
  • 〔総説〕Role of sigma receptor in psychological stress-induced motor suppression
    共著
    亀井浩行、亀山勉、鍋島俊隆
    Current Topics in Pharmacol.
    4, 281, 291
    1998年11月
  • 〔総説〕行動抑制を指標とした心理的ストレスモデル
    共著
    亀井浩行、野田幸裕、鍋島俊隆
    日本薬理学雑誌
    113, 113, 120
    1999年02月
  • 〔総説〕シグマ受容体リガンドと抗ストレス作用
    共著
    野田幸裕、亀井浩行、鍋島俊隆
    日本薬理学雑誌
    114, 43, 49
    1999年07月
  • 〔総説〕Neuroactive neurosteroids as endogenous effectors for sigma1 (1) receptor: pharmacological evidence and therapeutic opportunities
    共著
    Maurice T、Phan VL、Urani A、亀井浩行、野田幸裕、鍋島俊隆
    Jpn. J. Pharmacol.
    81, 125, 155
    1999年10月
  • 〔総説〕ストレス疾患動物モデルにおけるニューロステロイドの作用
    共著
    亀井浩行、野田幸裕、鍋島俊隆
    脳の科学
    22, 43, 47
    2000年01月
  • 〔総説〕ニューロステロイドとストレス反応
    共著
    野田幸裕、亀井浩行、鍋島俊隆
    化学工業
    51, 31, 35
    2000年07月
  • 〔総説〕国内における治験の現状と今後の課題
    共著
    亀井浩行
    愛知県病院薬剤師会会誌
    29, 47, 49
    2001年03月
  • 〔総説〕我が国における抗痴呆薬の開発状況 (2000年3月現在)
    共著
    長谷川雅哉、野田幸裕、前田洋子、亀井浩行、山田清文、鍋島俊隆
    臨床精神薬理
    4, 399, 410
    2001年03月
  • 〔総説〕薬理学的な神経精神疾患モデル動物の作製法とその実体
    共著
    野田幸裕、亀井浩行、鍋島俊隆
    分子精神医学
    1, 291, 295
    2001年05月
  • 〔総説〕不安障害の動物モデル
    共著
    亀井浩行、野田幸裕、鍋島俊隆
    分子精神医学
    2, 121, 127
    2002年04月
  • 〔総説〕抗痴呆薬開発の現状と将来展望
    共著
    野田幸裕、亀井浩行、鍋島俊隆
    化学工業
    53, 359, 368
    2002年05月
  • 〔総説〕開発中の抗痴呆薬
    共著
    野田幸裕、亀井浩行、永井拓、鍋島俊隆
    臨床精神医学
    31, 1153, 1164
    2002年10月
  • 〔総説〕グルタミン酸受容体の修飾と薬物依存
    共著
    亀井浩行、山田清文、鍋島俊隆
    分子精神医学
    3, 140, 146
    2003年04月
  • 〔総説〕神経精神疾患におけるシグマ受容体リガンドの作用
    共著
    亀井浩行、野田幸裕、山田清文、鍋島俊隆
    日本神経精神薬理学雑誌
    23, 287, 296
    2003年10月
  • 〔総説〕動物モデルからみた不安障害
    共著
    亀井浩行、野田幸裕、山田清文、鍋島俊隆
    最新精神医学
    8, 537, 546
    2003年11月
  • 〔総説〕Vanderbilt University Medical Centerにおける臨床試験の実施体制
    共著
    葛谷孝文、亀井浩行、鍋島俊隆
    東京都病院薬剤師会雑誌
    53, 169, 173
    2004年03月
  • 〔総説〕薬物依存と前頭前野
    共著
    亀井浩行、野田幸裕、山田清文、鍋島俊隆
    Clinical Neuroscience
    23, 682, 684
    2005年06月
  • 〔総説〕放射状迷路を用いたDelayed spatial win-shift課題による空間作業記憶の評価
    共著
    永井 拓、田熊一敞、亀井浩行、溝口博之、鍋島俊隆、山田清文
    日本薬理学雑誌
    129, 457, 462
    2007年06月
  • 〔総説〕AKT1と統合失症
    共著
    波多野正和、池田匡志、亀井浩行、尾崎紀夫、岩田仲生
    分子精神医学
    7, 87, 90
    2007年07月
  • 〔総説〕特集:精神科薬物療法と専門薬剤師の役割 -統合失調症の薬物療法と精神科専門薬剤師の役割-
    共著
    亀井浩行、鍋島俊隆
    医薬ジャーナル
    44, 81, 86
    2008年01月
  • 〔総説〕エキスパートをめざす「精神科専門薬剤師の役割と課題」
    共著
    亀井浩行、鍋島俊隆
    精神科薬剤師ジャーナル「P CUBE」
    1, 9, 10
    2008年04月
  • 〔総説〕PBLで病院・薬局事前学習- 名城大学薬学部編①名城大学薬学部におけるPBLチュートリアルへの取り組み-
    共著
    亀井浩行、田口忠緒、飯田耕太郎、小森由美子、半谷眞七子、松葉和久
    月刊薬事
    50, 775, 781
    2008年05月
  • 〔総説〕PBLで病院・薬局事前学習- 名城大学薬学部編②学部1年次・4年次における取り組み-
    共著
    亀井浩行、田口忠緒、飯田耕太郎、小森由美子、半谷眞七子、松葉和久
    月刊薬事
    50, 949, 955
    2008年06月
  • 〔総説〕PBLで病院・薬局事前学習- 名城大学薬学部編③大学院における取り組みと米国PBLの紹介-
    共著
    亀井浩行、田口忠緒、飯田耕太郎、小森由美子、半谷眞七子、松葉和久
    月刊薬事
    50, 1085, 1091
    2008年07月
  • 〔総説〕統合失調症における薬剤師の役割は?
    共著
    亀井浩行、岩田仲生
    肥満と糖尿病
    8, 84, 86
    2009年01月
  • 〔総説〕臨床で遭遇する精神科薬物療法のエビデンス7) 双極性障害に対するバルプロ酸
    共著
    亀井浩行、岩田仲生
    薬局 特集精神科薬物療法と適応外使用
    60, 71, 75
    2009年06月
  • 〔総説〕多剤併用の際に起こりうる有害事象
    共著
    亀井浩行、野田幸裕
    薬局 特集精神科薬物療法と適応外使用
    61, 109, 113
    2010年01月
  • 〔報告書〕第9回厚生科学審議会 医薬品販売制度改正検討部会資料4 諸外国における医薬品販売制度等について
    共著
    亀井浩行
    第9回厚生科学審議会医薬品販売制度改正検討部会 審議会議事録
    2005年02月
  • 〔報告書〕平成16年度文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム」名城大学大学院「医学教育と連携による臨床薬剤師教育」平成16年度活動報告書
    共著
    亀井浩行
    名城大学大学院薬学研究科代表者 金田典雄・松葉和久
    2005年03月
  • 〔報告書〕厚生労働科学研究費補助金医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業 平成十六年度 分担研究課題「海外における臨床薬学教育に関する調査研究」欧米の臨床薬学教育
    共著
    亀井浩行、村瀬健史
    名古屋大学大学院医学系研究科医療薬学・医学部付属病院薬剤部 鍋島俊隆
    2005年03月
  • 〔翻訳〕原著者:Mary R. Monk-Tutor邦訳表題:臨床薬学におけるPloblem-Based Learningの実践原語表題Implementing Ploblem-Based Learning in Pharmacy
    共著
    岡本能弘、平野正美、吉田勉、亀井浩行、半谷眞七子、西田幹夫、松葉和久、金田典雄、松井俊和、中野浩
    名城大学薬学部代表責任者 松葉和久
    1, 79
    2005年03月
  • 〔報告書〕平成16年度文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム」名城大学大学院「医学教育と連携による臨床薬剤師教育」平成17年度活動報告書
    共著
    亀井浩行
    名城大学大学院薬学研究科代表者 金田典雄・松葉和久
    153, 163
    2006年03月
  • 〔報告書〕平成16年度文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム」名城大学大学院「医学教育と連携による臨床薬剤師教育」平成18年度活動報告書
    共著
    亀井浩行
    名城大学大学院薬学研究科代表者 金田典雄・松葉和久
    151, 158
    2007年03月
  • 〔報告書〕平成16年度文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム」名城大学大学院「医学教育と連携による臨床薬剤師教育」平成19年度活動報告書
    共著
    亀井浩行
    名城大学大学院薬学研究科代表者 金田典雄・松葉和久
    235, 245
    2008年03月
  • 〔報告書〕平成21年度第24回認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップin東海 報告書
    共著
    亀井浩行
    日本薬剤師研修センター
    27
    2009年11月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2001年08月, 平成13年度 第1回東海北陸地区試験推進協議会(名古屋)「テーマ:試験コーディネーターの活動」の基調講演及びパネリストを務める。
  • 2003年01月, 医療従事者を対象としたインターネット放送を通じて教育講座「治験における薬剤師コーディネーターの役割」の講師を務める。
  • 2005年02月, 平成16年度文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」の企画として、「第1回薬学領域におけるコミュニケーション教育ワークショップ及び第1回国際臨床薬学教育シンポジウムー長期実務研修と教育方法のスキルアップを目指してー」の開催支援を行う。
  • 2005年03月, 特色GPの企画として、「米国薬剤師教育の視察公開報告会」(日本薬学会東海支部会特別講演会)において、「薬剤師の臨床教育と実務研修のスキルアップを目指して」の講師を務める。
  • 2006年01月, 特色GPの企画として、「第2回名城大学臨床薬学教育臨床技能トレーニングプログラム:1)PBL(Problem based Learning;問題基盤型学習)の体験、2)コミュニケーションの教育の教材・患者シナリオ」の開催支援を行う。
  • 2006年02月, 2005年度ヤング・リーダーズ・プログラムにおいて、名古屋大学大学院医学系研究科修士課程医科学専攻医療行政コースの留学生を対象に「テーマ:Education system for pharmacist」の講師を務める。
  • 2006年03月, 特色GPの企画として、「海外薬剤師教育の視察公開報告会」(日本薬学会東海支部会特別講演会)において、「米国の精神科領域における薬剤師の役割と専門薬剤師の育成」の講師を務める。
  • 2006年04月, 特色GPの企画として、名城大学薬学部と藤田保健衛生大学医学部との間を光通信回線で結んだ遠隔教育システム(eZ-session TV meeting system)の構築、これまで名城大学大学院生による症例検討会(週に一回開催)および藤田保健衛生大学医学部の臨床医による藤田-名城 臨床医学カンファレンス(計17回開催)を開催する。
  • 2006年05月, 東京女子医科大学で「6th Asia-Pasific Conference on PBL第6回アジア・太平洋PBL会議」が開催されたカンファレンスにおいて、前術の特色GPの学術活動として、シンポジウム「Meijo University GP Sponsored Symposium “PBL in Pharmaceutical Education”」の開催支援を行う。
  • 2006年08月, 岐阜大学医学部にて開催された第21回医学教育セミナーとワークショップの「ワークショップ2 PBL revised:基本に立ち返ろう」においてタスクフォースを務める。
  • 2008年11月, 平成18年度大学教育改革プログラム合同フォーラム(横浜)において、平成18年年度文部科学省「医療人GP」の学術活動として、「プロフェッショナルとしての臨床薬剤師の養成をめざして」のパネル発表を行う。
  • 2007年01月, 特色GPの企画として、「第3回名城大学臨床薬学教育臨床技能トレーニングプログラム-コミュニケーションワークショップ-」の開催支援を行う。
  • 2007年07月, 特色GPの学術活動として、、徳島大学・医療人GP- 名城大学・特色GP合同シンポジウム「医療現場と連携した新しい薬剤師養成教育を目指して」の開催支援を行う。
  • 2008年01月, 特色GPの企画として、「第4回名城大学臨床薬学教育臨床技能トレーニングプログラム」の開催支援を行う。
  • 2008年12月, 平成18年年度文部科学省「医療人GP」の学術活動として、九州保健福祉大学-名城大学 医療人GP合同フォーラム「臨床能力を有する実践薬剤師の養成を目指して」において、「テーマ:特色GPから医療人GPへ―医学教育との連携による臨床薬剤師教育―」の講師を務める。
  • 2009年01月, 平成20年度大学教育改革プログラム合同フォーラム(横浜)において、医療人GPの学術活動として、「プロフェッショナルとしての臨床薬剤師の養成をめざして」のパネル発表を行う。
  • 2009年04月, 薬剤師専門講座「テーマ:薬学6年制とPBL(Problem Based Learning)」の講師を務める。
  • 2009年07月, 平成21年度全国学術講演会「患者の期待に応えるかゆみの治療」(東京)において、「テーマ:臨床に役立つ抗ヒスタミン薬の評価 ~効果と精神運動機能の関係~」の講師を務める。
  • 2009年11月, 平成21年度全国学術講演会「患者の期待に応える花粉症の治療戦略」(東京)において、「テーマ:花粉症治療に役立つ抗ヒスタミン薬の評価 ~効果と精神運動機能の関係~」の講師を務める。
  • 2009年11月, 日本薬学会東海支部特別講演会(名古屋)において、「テーマ:臨床薬学教育におけるPBL〜名城大学の取組み〜」の講師を務める。
  • 2010年01月, 第35回医学教育セミナー&ワークショップ(岐阜大学医学部)において、「テーマ:薬学教育におけるPBLの学生評価」の講師とタスクフォースを務める。
  • 2010年02月, 平成21年度徳島県耳鼻咽喉科医会(徳島)において、「テーマ:花粉症治療に役立つ抗ヒスタミン薬の評価 ~効果と精神運動機能の関係~」の講師を務める。
  • 2010年03月, 第6回長野県精神科臨床薬物療法研究会(松本)において、「テーマ:精神科専門薬剤師の役割ー薬の適正使用と服薬アドヒアランス向上を目指してー 」の講師を務める。
  • 2010年03月, 平成21年度文部科学省選定「大学教育充実のための戦略的大学連携支援プログラム」連携取組報告会(神戸薬科大学)において、「テーマ:医・薬連携大学院による臨床薬剤師教育」の講師を務める。
  • 2010年05月, 第4回精神科専門薬剤師セミナー(東京)において、「パネルディスカッション 服薬アドヒアランスの向上を目指して」のパネリストを務める。
  • 2010年06月, 第4回臨床医学看護教育スキルラボ研究会において、「テーマ:薬学領域におけるスキル教育について」の講師を務める。
  • 2010年06月, 平成22年度 名城大学薬学部卒後教育講座において、「テーマ:統合失調症患者への服薬指導」の講師を務める。
  • 2010年07月, 平成22年度徳島臨床皮膚科医会研修会(徳島)において、「テーマ:薬理学の立場から見た抗ヒスタミン薬の評価~効果と精神運動機能の関係~」の講師を務める。
  • 2010年09月, 薬剤師生涯研修セミナー:精神疾患 臨床スキルアップセミナーにおいて、「テーマ:精神疾患治療薬の使い方と服薬指導」の講師を務める。
  • 2011年01月, 花粉症治療2011(名古屋)において、「テーマ:臨床に役立つ抗ヒスタミン薬の評価~効果と精神運動機能の関係~」の講師を務める。
  • 2011年02月, アレルギー性鼻炎学術講演会(岩手)において、「テーマ:臨床に役立つ抗ヒスタミン薬の評価~効果と精神運動機能の関係~」の講師を務める。
  • 2011年04月, Next Challenge学術講演会(名古屋)において、「テーマ:統合失調症の薬物治療における顕在化しにくい副作用の実態調査」の講師を務める。
  • 2011年10月, 第71回岡崎耳鼻咽喉科医会講演会(岡崎)において、「テーマ:臨床に役立つ抗ヒスタミン薬の評価~効果と精神運動機能の関係~」の講師を務める。
  • 2011年12月, 藤田保健衛生大学「コアカリキュラム勉強会」(名古屋) において、「テーマ:薬学教育モデル・コア・カリキュラムと名城大学の薬学教育」の講師を務める。
  • 2012年02月, 和歌山アレルギー学術講演会(和歌山)において、「テーマ:臨床に役立つ抗ヒスタミン薬の評価~効果と精神運動機能の関係~」の講師を務める。


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.